アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

綺麗な女性器について解説
よくある悩みや整える方法を紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

「綺麗な女性器について知りたい」「女性器に自信がない」「綺麗な女性器に近付きたい」など、女性器にまつわる悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

女性器の悩みは相談しにくいため、ひとりで困っている方もいるでしょう。

本記事では、綺麗な女性器の特徴について詳しく解説します。

併せて女性器に関するよくある悩みや整える方法も説明しますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、小陰唇縮小手術と副皮切除術を行っています。
患者様1人1人のお悩みや理想の状態をお聞きしたうえで、最適な治療法を提案いたします。
手術を担当するのは女医なので、女性ならではのお悩みを話しやすいのも魅力のひとつです。

綺麗な女性器とは


一般的な小陰唇(ビラビラ)の平均なサイズは、幅1〜1.5㎝、長さ4〜5㎝とされており、直立した状態で大陰唇から少しはみ出るくらいが目安となっています。

大陰唇から大きくはみ出していなければ過度に心配する必要はありません。

ただし、幅が2センチ以上を上回る場合、小陰唇が肥大化していると考えられます。

下着に擦れたり自転車に乗った時に違和感を覚えたりする方は、手術を検討するのも1つの手です。

また小陰唇縮小手術は小陰唇の黒ずみを物理的に取り除けるため、黒ずみが気になる方も効果が期待できるでしょう。

形が変わる要因

女性器の形が変わる主な要因は人それぞれ異なりますが、以下の影響が考えられます。

  • 先天性要因による影響
  • 老化による影響
  • ホルモンバランスの乱れ

妊娠や出産をきっかけに小陰唇の形が変わったと感じる方は、ホルモンバランスが要因である場合が多いです。

肥大していたり左右差が生じたりしても、痛みや違和感などトラブルがなければ過度な心配は必要ありません。

よくある女性器の悩み

あまり日常会話には出てきませんが、以下のような女性器の悩みを抱えている方は少なくありません。

  1. 女性器の匂いが気になる
  2. 女性器にかゆみがある
  3. 女性器が黒ずんでいる
  4. 小陰唇が大きい
  5. 小陰唇の形が左右非対称

ここからは、それぞれの具体的な悩みについてご紹介します。

女性器の匂いが気になる

小陰唇が伸びたり肥大したりすると小陰唇の溝に汚れが貯まりやすくなるため、女性器の匂いが気になる方も少なくありません。

また、伸びた小陰唇に尿が触れることで排尿時に尿が飛び散ってしまい、拭き残しにより匂いが生じるケースも考えられます。

女性器にかゆみがある

女性器は通気性があまりよくないため、尿やおりものがびらびらに付着すると雑菌が繁殖しやすくなります。

そのため、かゆみなどの症状を引き起こす場合もあります。

かゆみが出た際はゴシゴシ掻かずに、医師の診察を受け適切な治療を行いましょう。

女性器が黒ずんでいる

女性器は刺激や摩擦などにより、黒ずみが生じやすくなります。

締め付けの強い下着を着用したり、入浴時にボディタオルでゴシゴシ洗ったりしている方は注意が必要です。

また小陰唇が黒ずんでいることで、女性器全体が黒く見えてしまう場合もあります。

小陰唇(ビラビラ)が大きい

小陰唇(ビラビラ)が大きいことで、日常生活に不都合を感じている人も少なくありません。

下着に擦れて痛かったり、自転車に乗る際に違和感を覚えたりしています。

小陰唇はデリケートなため、なるべく刺激を与えないように心掛けましょう。

小陰唇(ビラビラ)の形が左右非対称

小陰唇(ビラビラ)の形に左右差があることで、摩擦が起きたり下着の中が蒸れやすかったりして、かゆみや匂いなどのトラブルを引き起こす場合もあります。

また出産時の会陰切開の影響により、小陰唇の形が左右非対称になったと悩んでいる方もいらっしゃいます。

H2女性器の悩み解消に役立つセルフケア方法

女性器の悩みを抱えている方は、以下のセルフケアを試してみてはいかがでしょうか。

  • ゴシゴシとこすらず優しい力で洗う
  • デリケートゾーン用のソープを使う
  • 通気性の良い下着を着用する

それぞれ具体的に解説しますので、参考にしてください。

ゴシゴシとこすらず優しい力で洗う

女性器をゴシゴシと洗うことで炎症や黒ずみを引き起こす場合もあるため、入浴時は強い力でこすらずに優しく洗いましょう。

ボディタオルを使用している方は、肌へ負担が少ない素材を選ぶことが大切です。

また、爪が伸びていると女性器を傷つけてしまう恐れがあります。

ネイルをしている方は、できるだけ爪が触れないように注意しながら指の腹で洗うのがポイントです。

デリケートゾーン用のソープを使う

ボディソープの中には、刺激が強く必要な菌まで洗い流してしまう商品も存在します。

そのため肌にやさしい成分で作られているデリケートゾーン専用のソープの使用をおすすめします。

力を入れずに泡でなでるように女性器を洗いましょう。

通気性の良い下着を着用する

女性器のトラブルを防ぐために通気性の優れた天然素材の下着を着用するのがおすすめです。

下着の中は気密性が高く蒸れやすいため、雑菌が繁殖しやすい状態です。

そのため、通気性の良い下着やゆとりのあるボトムスを選んでみてはいかがでしょうか。

女性器の形を整えるには婦人科形成が有効

女性器は基本的にセルフケアでは形を変えられません。

形を整えたい方・黒ずみを取り除きたい方には婦人科形成がおすすめです。

婦人科形成は二重整形や糸リフトなどを取り扱っている美容クリニックで施術可能です。

ここからは、婦人科形成の中から女性器の形を整えるために有効な「小陰唇縮小手術」「副皮切除術」について解説します。

①小陰唇縮小手術

小陰唇縮小手術は、はみ出ている小陰唇を切除・縫合することで見た目を整える手術です。

小陰唇の大きさや左右差で悩んでいる方におすすめです。

また切除する際に黒ずんでいる部位も一緒に取り除くことができるため、黒ずみも軽減できます。

ただし黒ずみの範囲によっては完全には切除できない可能性があることを理解しておきましょう。

②副皮切除術

小陰唇と大陰唇の間にある副皮の悩みを抱えている方は「副皮切除術」がおすすめです。

匂いや炎症などの症状や左右差が気になる方は、小陰唇縮小手術を受ける際に一緒に副皮切除術を行うことで、より綺麗な女性器に整えることができます。

ただし、小陰唇と副皮が癒合してしまっている場合は単体での手術が難しいため、カウンセリングの際にご相談ください。

アリエル美容クリニック郡山院は女性医師が担当します

当院では、婦人科形成に精通した女性医師がカウンセリングから手術まで担当しており、施術前のカウンセリングを重点的に行っています。

医師と患者様との間で仕上がりのイメージをしっかり共有することで、納得いく女性器に近付くことを目指しています。

綺麗な女性器に近づきたい方は、アリエル美容クリニック郡山院にご相談ください。

女性器の悩みは美容クリニックに相談しよう


綺麗な女性器を手に入れたい方は「小陰唇縮小手術」「副皮切除術」がおすすめです。

女性器は基本的にセルフケアでは形を変えられないため、根本的な改善を希望する方は専門の医師に相談しましょう。

また、手術を受ける際は、婦人科形成の実績が多く精通した医師が在籍するクリニックを選ぶことが大切です。

快適な日常生活を送るためにも、婦人科形成を検討してみてはいかがでしょうか。