アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

小陰唇の肥大化が起こる原因は?平均サイズや改善方法も紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

「下着と小陰唇が擦れて痛い」

「小陰唇が肥大化しているかも」

このように小陰唇が大きくはみ出していたり、肥大化していたりなどに悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

小陰唇などデリケートゾーンにまつわる悩みは、周囲に相談しづらく、コンプレックスに思っている方も少なくありません。

本記事では、小陰唇が肥大する原因や改善方法について詳しく解説していきます。

小陰唇に悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

小阪院長

当院では、小陰唇縮小手術をはじめとした婦人科形成を扱っています。
症例経験が豊富な女性医師が在籍しているため、気になる方はぜひ一度ご相談ください。

小陰唇とは?


まずは小陰唇の位置や役割について正しく理解しておきましょう。

また平均サイズについても解説していくので「肥大化しているかも?」と悩んでいる方は、サイズを判断する際の参考にしてください。

小陰唇の位置や役割

小陰唇は、クリトリスから会陰にかけて伸びているヒダ状の皮膚を指します。

小陰唇の外側にある「大陰唇」に包まれており、思春期以降から徐々に目立ち始めるのが特徴です。

伸縮性があり、尿道や腟内を守る役割を持っています。

左右に小陰唇があることで、尿の飛び散りを防ぐ役割もあり、女性器のなかでは欠かせない部位のひとつです。

小陰唇の平均サイズ

小陰唇の平均サイズは、幅1〜1.5㎝、長さ4〜5㎝とされています。

直立した状態で、大陰唇から少しはみ出る程度が目安です。

小陰唇を指でしっかりとつまめたり、4cm以上ある場合も大きいと判断できます。

しかし小陰唇の平均サイズは個人差が大きいうえに、左右対称ではありません。

片方だけ大きかったり、形が歪だったりなどさまざまです。

そのため、痛みや違和感などトラブルが生じていない場合は、過度に心配する必要はありません。

小陰唇が肥大化する原因

小陰唇が肥大化する原因は、さまざまなものがあげられます。

人によって異なりますが、主な原因は下記のとおりです。

  • 先天性要因
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 小陰唇の老化

それぞれ詳しく紹介していきます。

先天性要因

小陰唇の大きさは、生まれつき決まっているといわれています。

そのため、手や足が大きい人がいるように、生まれつき小陰唇が大きい人も多くいます。

小陰唇の大きさに悩んでいる人の多くが、遺伝要素が影響していることを理解しておきましょう。

生まれつき小陰唇が大きくても、痛みや違和感などのトラブルがなければ問題ありません。

そのため、過度に気にせず過ごすのがおすすめです。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠や出産、思春期などホルモンバランスが大きく変化するタイミングに、小陰唇が肥大化するケースもあります。

デリケートゾーンは、女性ホルモンの影響を受けやすく、これらを防ぐことは困難です。

また出産の際に、会陰切開をすることで、小陰唇の形が歪になったり、左右非対称になったりするケースもあります。

小陰唇の老化

小陰唇も顔の皮膚と同様に、老化していきます。

老化によって、女性器全体のコラーゲンが減少することで、ハリや弾力が失われ、小陰唇が垂れやすくなってしまいます。

大陰唇がボリュームダウンすることで、小陰唇が目立ちやすくなるケースも。

このように老化によって、女性器のバランスが変化することで「小陰唇が肥大化した」と感じるケースも少なくありません。

小陰唇が肥大化することで生じるトラブル

小陰唇が肥大化していても、基本的に問題ありません。

しかし、痛みや違和感などトラブルを引き起こす原因になる可能性もあります。

小陰唇肥大によって起こるトラブルは下記があげられます。

  • 痛みや違和感が生じる
  • デリケートゾーンの衛生が保ちづらい
  • パートナーの目が気になる

今は問題なくても、後にトラブルが生じるケースもあるため、事前に理解しておきましょう。

痛みや違和感が生じる

小陰唇が大陰唇から大きくはみ出てしまうと、ショーツと擦れたり、巻き込まれたりしていて痛みが生じる可能性があります。

さらに日常動作の何気ない瞬間に巻き込まれたりして違和感を抱くことも。

痛みや違和感がストレスになる場合は、放置せずに手術で改善するのがおすすめです。

デリケートゾーンの衛生を保ちづらい

デリケートゾーンは、尿や便の排出などによって汚れが溜まりやすい部分です。

小陰唇が大きいと、さらに大陰唇との溝に汚れが溜まりやすく衛生を保ちづらくなってしまいます。

小陰唇が邪魔をしてまっすぐに排尿できなかったり、きれいに尿を拭き取れなかったりなどするケースも少なくありません。

結果として、臭いや痒みを引き起こす原因になる場合も。

衛生状態を保つためにも、デリケートゾーンソープで優しく洗ったり、ナプキンをこまめに変えたりなど工夫しましょう。

パートナーの目が気になる

小陰唇が肥大化していることで、パートナーとの性行為に積極的になれないケースもあります。

他人から見られる機会は少ないですが、パートナーの目が気になる方は、小陰唇縮小手術などを受けて改善するのがおすすめです。

肥大化した小陰唇を整えるには「小陰唇縮小手術」がおすすめ

小陰唇の肥大化を改善するには、小陰唇縮小手術がおすすめです。

余分な小陰唇を切除・縫合するため、サイズダウンや左右差など含め形を整えることができます。

さらに黒ずんだ部分も除去できるため、小陰唇の黒ずみに悩みを抱えている方にも向いています。

しかし、あくまでも小陰唇のサイズダウンを目的としているため、黒ずみを取り切れない可能性があることを理解しておきましょう。

アリエル美容クリニック郡山院には女性医師が在籍!

アリエル美容クリニック郡山院には、多くの症例経験がある女性医師が在籍しています。

デリケートゾーンの悩みは、他人に相談しづらいですが、当院では女性医師、女性スタッフのみが対応にあたるため、リラックスしてご相談いただけます。

また多くのスタッフが、さまざまな美容医療の経験があるため、悩みを理解してもらいやすいのもポイントです。

当院は、JR郡山駅より徒歩1分でアクセスできます。

駐車場も完備しており、休日のお買い物と一緒に通院しやすい環境が整っています。

小陰唇縮小手術が気になる方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

小陰唇の肥大化は手術で改善しよう


小陰唇の肥大化に悩んでいる女性は少なくありません。

デリケートな悩みのため、周囲に打ち明けづらいですが、トラブルが生じている場合は、一度医療機関に相談しましょう。

男性医師に抵抗がある方は、女性医師が在籍しているクリニックを選ぶのがおすすめです。

小陰唇に関する悩みを解消して、快適な生活を送りましょう!