アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ビラビラの悩みは切除で改善が期待できる?おすすめの人も解説

かゆみやにおいの原因、下着に擦れるなど、性器のビラビラが元となるトラブルにはさまざまなものがあります。

セルフケアでの改善は困難であるため、お悩みの場合は切除での改善がおすすめです。

本記事では、ビラビラの切除について解説します。

参考にして、悩みを解消するのに役立ててください。

小阪院長

女性器のビラビラの大きさや形に悩んでおり、切除したいと考えている方は、ぜひアリエル美容クリニック郡山院へお越しください。
婦人科形成を得意とする女医が担当しますので、安心して不安を解消して頂けます。
スタッフ一同お待ちしております。

ビラビラとは?


そもそもビラビラとは、性器にあるひだの俗称であり、正式名称ではありません。

また、ビラビラとひとくちにいっても、実際は以下の2種類のどちらかに分けられます。

  • 副皮
  • 小陰唇

上の2つは混同されるケースも多いですが、あくまで別物です。

ビラビラに関して悩みを抱えている人は、まずどちらが原因になっているのかをはっきりさせる必要があります。

人によっては、両方ともトラブルの原因になっているケースもあります。

副皮

副皮とは、大陰唇と小陰唇の間にある余剰皮膚のひだの部分です。

小陰唇に近いため、しばしば小陰唇と誤解されるケースもあります。

副皮はない人や、左右のどちらかにしかない人など、人によって有無や形が異なります。

ただしあくまで個人差の範囲であるため、副皮があるからおかしい、ないからおかしいというものではありません。

また、あってもなくても健康上の問題はありません。

小陰唇

小陰唇とは、大陰唇と隣接し、さらに内側にある部分のことです。

人によっては、大陰唇と小陰唇の間に副皮があるケースもあります。

副皮と異なり、一般的に小陰唇は誰にでもあるものです。

大きさや形には個人差がありますが、平均的なサイズとしては大陰唇から少しはみ出すくらいです。

小陰唇は手術時も完全に切除するわけではなく、小さくして肥大化を改善したり、形を整えたりします。

そのため、小陰唇の場合は切除ではなく縮小術と呼ばれるケースが多いです。

ビラビラの切除はこんな人におすすめ

ビラビラの切除は、以下のような悩みを持つ人におすすめです。

  • かゆみやにおいが気になる
  • 日常的にビラビラが下着などに擦れている
  • 排尿トラブルがある
  • 黒ずみや左右差など見た目が気になる

実際の原因が副皮にあるのか、小陰唇にあるのかは、診断してみなければなりません。

人によっては、両方に改善が必要なケースもあります。

まずはクリニックで診断を受け、悩みの原因がどこにあるのか知りましょう。

かゆみやにおいが気になる

性器のかゆみやにおいが気になるという人に、ビラビラの切除はおすすめです。

副皮や小陰唇は恥垢が溜まりやすい場所です。

副皮や小陰唇のサイズが大きいと、恥垢はより溜まりやすくなり、かゆみやにおいを発生させてしまいます。

しかし、恥垢を気にするあまりごしごし洗うのも良くないため、ビラビラ部分の切除による改善がおすすめです。

日常的にビラビラが下着などに擦れている

日常的にビラビラが下着などに擦れている人にも、切除による改善をおすすめします。

副皮や小陰唇が大きめな人の中には、常時下着などに擦れていて痛いと感じているケースがあります。

放っておくとストレスになるだけでなく、摩擦の刺激から炎症などを引き起こす可能性もあるため、手術による根本的な改善が推奨されます。

排尿トラブルがある

排尿トラブルも、ビラビラの切除によって改善が期待できます。

ビラビラが大きいと排尿時に尿が当たり、飛び散ってしまう場合があります。

姿勢を変えてその場を凌ぐことはできますが、トイレの度に無理な姿勢を取るのもストレスに繋がります。

そこでビラビラを切除してサイズダウンし、形を整えることで、普通の姿勢で問題なく排尿できるよう改善が見込めます。

黒ずみや左右差など見た目の審美性が気になる

黒ずみや左右差など、性器の見た目が気になるという人も、ビラビラの切除による改善がおすすめです。

ビラビラを切除することにより、サイズを小さくしたり、見た目の歪さや左右差を整えて、すっきりした見た目にできます。

性器の見た目が気になり、性行為などに不安やストレスを感じてしまう場合は、ぜひ手術を試して悩みを解消してください。

ビラビラを切除する際の注意点

ビラビラを切除する際は、以下の注意点に気を付ける必要があります。

  • ダウンタイムが発生する
  • スキルのある医師に頼らないと失敗する恐れがある

手術後に後悔しないためにも、上の注意点を頭に入れたうえで行動しましょう。

ダウンタイムが発生する

ビラビラの切除手術には、ダウンタイムが発生します。

手術の対象が副皮でも小陰唇でも、この点は変わりません。

具体的には以下の症状が出ます。

  • 痛み
  • 腫れ
  • 出血

傷は1ヶ月程度、傷以外の症状は1~2週間程度で落ち着きます。

その間は医師の指示に従って生活しましょう。

特に、性行為や自転車への乗車には注意してください。

いずれも患部に負担がかかるため、しばらくは控えた方が安全です。

スキルのある医師に頼らないと失敗する恐れがある

ビラビラの切除は、スキルのある医師に頼らないと失敗する恐れがあります。

実際にビラビラを切除して、小さくしたりきれいに整えたりするには、熟練の腕が必要です。

スキルが無い医師にあたってしまうと、改善効果が見られなかったり、体に余計な負担がかかってしまったりなどのトラブルになる可能性があります。

実績豊富で信頼のおけるクリニックを選び、スキルのある医師に手術してもらいましょう。

ビラビラの悩みはセルフケアでの解決が困難

ビラビラの悩みは、セルフケアでの解決が困難です。

ビラビラの悩みは、主にビラビラのサイズが大きかったり、形がきれいでなかったりなどが原因となって起こります。

しかしビラビラのサイズや形、色などは、遺伝やホルモンバランスなどの影響で変化するため、本人の努力ではほぼ改善できません

悩んでいる方こそ、手術での改善をおすすめします。

ビラビラの切除を検討している方はアリエル美容クリニック郡山院にご相談ください

ビラビラの切除を検討している方は、アリエル美容クリニック郡山院にご相談ください。

当クリニックには数々の症例を経験した医師が在籍しており、ひとりひとりの悩みの原因を見極め、最適なメニューを提案します。

また、デリケートな悩みでも安心して相談していただけるよう、カウンセリングを丁寧に進めることも重要視しています。

ぜひ当クリニックで手術を受け、悩みを解消してください。

【まとめ】ビラビラの悩みは切除・縮小で改善が期待できる


ビラビラの悩みは切除、または縮小することで改善が期待できます。

現実としてセルフケアでの改善は困難であるため、現在抱いている悩みを解決したいのであれば、手術をおすすめします。

手術の際は信頼のおけるクリニックであるかどうかを重視し、切除手術の効果をしっかり引き出してもらいましょう。

どうしても手術に抵抗があるという方は、カウンセリングで何が不安なのか、どうすれば安心できるのかをじっくり相談してください。