アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

目の下のふくらみ取りとは?ダウンタイム・病院の選び方を紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

「目の下のふくらみ取りってどんな手術?」

「クマ取りの施術後はどんな状態になる?」

目元は第一印象を大きく左右するので、年を重ねて目元が弛み始めた人はこのように困っているでしょう。

また、若いのにクマがあり、老けて見えると困っている人も少なくありません。

今回は、施術内容やダウンタイムといったポイントから、目の下のふくらみ取りがどんな手術か解説します。

目の下のふくらみ取りをする病院の選び方も紹介するので、あわせて把握しておくとよいでしょう。

小阪院長

目の下のふくらみを取り除きたい人は、ぜひアリエル美容クリニック郡山院へお越しください。
丁寧にカウンセリングを実施したうえで、患者様1人1人の目元の状態に合わせて適切な治療を実施します。
プライバシーにも配慮しておりますので、安心して施術を受けられるでしょう。

目の下のふくらみ取りの施術内容と期待できる効果


目の下のふくらみ取りとは、「脱脂」や「切らないクマ取り」と呼ばれる美容整形の一種です。

具体的な手術の方法や得られる効果を解説するので、まずはイメージをつかみましょう。

目の下の脂肪を取り除く

目の下のふくらみ取りは、まぶたの内側にある粘膜を数ミリ切り開き、目の下の脂肪を除去する手術で「脱脂」と呼ばれることも多いです。

加齢で本来の位置より前に突き出た脂肪を取り出すことで、クマ・たるみを解消できます。

なお、肌表面を切らないので、傷跡は残りません。

また除去した脂肪は再発しないため、1回手術するだけで長期的に効果が持続します。

目元の印象を若々しくする

目の下のふくらみを取ると、目元の印象が明るく若々しくなる効果を期待できます。

目の下にふくらみがあると、目元に影ができて疲れた雰囲気になります。

ふくらみがなくなるとクマが消えるうえに、隠れていた涙袋も目立つようになるので、健康的な目元を演出してくれるでしょう。

目の下のふくらみ取りのダウンタイム症状と期間

目の下のふくらみ取りをすると、2〜3日をピークに1〜2週間程度はダウンタイムが続きます。

完全に馴染むまでは、1ヶ月程度かかる点を覚えておきましょう。

施術後には腫れ・痛み・内出血などの症状が出ることが一般的です。

人によっては目から溜まった血が、涙のように流れる症状も見られます。

ほとんどはメイクでカバーできる程度ですし、時間の経過とともに症状はおさまるでしょう。

目の下のふくらみ取りで効果が出ないときは手術を併用しよう

目の下のふくらみが大きい人の場合、脂肪を取り出すだけでは十分な効果を得られない恐れがあります。

より高い効果を得たい人や目の下のふくらみが大きい人は、その他の手術の併用も考えてみましょう。

脂肪注入

脂肪注入は目の下のふくらみ取りとセットで行う、切らない施術です。

自分の太ももなどから採取した脂肪を目元に注入します。

目の下のふくらみ取りだけでは、肌表面が凹凸したり小ジワや色味が特に気になるといったことも珍しくありません。

脂肪注入を行えば脂肪の分だけ皮膚が押し上がり、皮膚表面をなめらかに整い色味や小ジワ感も改善します。

目の下のふくらみ取りでは効果を得られなかった、中等度のクマも解消できる点が高評価です。

余剰皮膚切除

余剰皮膚切除は、目の下のふくらみ取りと脂肪注入と併用する施術です。

目のきわに沿って伸びた皮膚を切除し、溶けない糸で縫合します。

伸びた皮膚は縮まないため、気になる人は切除で解決しましょう。

なお、重度のクマ・たるみ・小じわなど広範囲の悩みに効果的です。

特に若返り効果を得たい人は、ぜひ併用を前向きに検討してみましょう。

目の下のふくらみ取りをする病院の選び方

施術すると決めたら、目の下のふくらみ取りをする病院の選び方を確認しましょう。

適当に選ぶと仕上がりに満足できず後悔するので、妥協しない選び方を知ることが大切です。

丁寧なカウンセリングをしてくれるかチェック

丁寧にカウンセリングをしてくれる病院や医師なら、満足できる仕上がりを期待できるでしょう。

雑に対応するクリニックでは、施術で重要視したいポイントを医師が聞いていない可能性があります。

30分から1時間程度の時間を取ってもらえれば、医師とイメージを擦り合わせられます。

話を聞いてくれるか、時間をかけてくれるかを事前に確認しましょう。

実績が豊富な医師がいるクリニックを選ぶ

数多くの実績がある医師を選べば、健康的な目元を実現できるでしょう。

技術力が高い医師ほど、実績が豊富な傾向があります。

公式サイトやSNSから、目の下のふくらみ取りに関する施術経験数を確認しましょう。

症例写真も見ておけば、自分好みの目元になれそうか確認できます。

信頼して任せられる腕前か、実績や経験数で判断しましょう。

アフターフォローの充実度も確認

アフターフォローが充実している病院なら、施術後に感染症や後遺症といった問題が起こっても安心です。

クリニックによって、アフターフォローの内容・料金が異なります。

無料で何度もアフターフォローを受けられる場合、不安になったときも気軽に受診できます。

公式サイトに目を通したりカウンセリング時に質問したりして、目の下のふくらみ取りをしたときに受けられるアフターフォローを確認しましょう。

目の下のふくらみ取りに関するよくある質問

目の下のふくらみ取りに関する、よくある質問に回答しました。

事前に不明点をなくしておけば、医師と話すときもスムーズです。

麻酔の種類は?

目の下のふくらみ取りでは基本的に、部分的に痛みを取る局所麻酔を使用します。

麻酔を使う瞬間に少し痛みがあっても、手術中にはほとんど痛みを感じないでしょう。

希望者には静脈麻酔を使うので、寝たまま施術を受けることも可能です。

メイクはいつからできる?

目の下のふくらみ取りや脂肪注入では、施術した翌日からメイクできます

腫れ・内出血などのダウンタイム中に見られる症状は、翌日から隠せます。

なお、余剰皮膚切除は手術後、1週間で抜糸が必要です。

抜糸が完了した翌日以降は、快適にメイクできます。

セルフマッサージで目の下のふくらみ取りと同じ効果を得られる?

目の下のふくらみは、基本的に自力では治せません。

そのためセルフマッサージをしても、目の下のふくらみ取りと同じ結果にはならない点に注意しましょう。

目元のマッサージをするとまぶたの筋肉や靭帯ダメージを与えるため、かえってたるみが悪化するリスクがあります。

おすすめなのはクリニックでの治療なので、目の下のふくらみを解消したい人は医師に相談しましょう。

目の下のふくらみ取りを受けるならアリエル美容クリニック郡山院へ

アリエル美容クリニック郡山院では、患者様1人ひとりに合わせた最適な施術計画を考えます。

じっくりカウンセリングするので、悩みに最短でアプローチできる方法・デザインを提案できます。

さらに痛みが苦手な人には静脈麻酔を使用できるため、事前にご相談ください。

なお、施術を担当するのは多くの経験がある院長です。

多くの実績と、実際に美容医療を体験した経験をもとに施術するため、患者目線で寄り添います。

目の下のふくらみ取りで若々しい目元になろう


目の下のふくらみ取りでは、皮膚を切開せずに脂肪を取り除きます。

ダウンタイムはありますが1週間と短めですし、メイクでカバーできる程度なので学校や仕事への影響はないでしょう。

クマが濃いめの人は、脂肪注入や余剰皮膚切除の併用がおすすめです。

さらにカウンセリングの態度や実績数をチェックして、技術のあるクリニックを選べば理想の目元に仕上がるでしょう。