アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

目の下のクマができる原因と対策!美容クリニックでの改善方法も解説

「目の下のクマはどう対策したらよい?」

「クマを改善する方法はある?」

目の下のクマがコンプレックスに感じており、このように悩む人も多いでしょう。

クマには、色味や原因によって複数の種類があり、それぞれ対策方法が異なります。

今回は、目の下のクマの種類ごとに原因・対策を解説します。

クリニックでできる施術方法も解説するので、目の下のクマを根本的に治療したい人は最後まで読んでみてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、お客様のクマを的確に診断し、最適な施術計画を提案いたします。
痛みや腫れを最小限に抑えるように施術するので、痛みが苦手な人もリラックスして受けられるでしょう。
クマ取りが気になる人は、ぜひ当院の無料カウンセリングへご相談ください。

目の下のクマができる原因


目の下のクマは、種類によって生じる原因が異なります。

対策を考える際、自分のクマがどの種類で、なぜできたのか把握しておくとスムーズです。

目の下のクマができる原因と種類を判別する方法を解説するので、自分のクマがどのタイプか確認してみましょう。

黒クマ:目の下の脂肪

黒クマは、目の下の脂肪が突出してできる、黒っぽいクマです。

筋肉の衰えや脂肪のたるみにより脂肪が突き出ると、目の下がふくらみ影を作ってクマが生じます。

アイメイクやコンタクトレンズの装着などで目の下を引っ張ると、若くても黒クマができることがあります。

紫外線による刺激やスキンケア不足によって悪化するという特徴も。

肌の色は変わっていないため、上を向いたりまたは光を当てたりした時にクマの色が薄くなる場合は黒クマだと考えられます。

赤クマ:目の下の筋肉

赤っぽく見える赤クマは、目の下の筋肉が皮下に透けて見えることが原因です。

目元の皮膚はデリケートなので、目の下の脂肪が筋肉を圧迫すると皮膚に透けてクマができます。

目の下の脂肪が突出することが原因なので、同じ理由でできる黒クマとの併発も珍しくありません。

頬骨あたりの皮膚を下に引っ張り、色味が強くなるなら赤クマと判断できます。

青クマ:血行不良

青クマは、血行不良が原因の青っぽいクマです。

目元の他の部位に比べて皮膚が薄いので、血の巡りが悪くなると血管が青黒く透けてクマになります。

血流が滞る原因は、以下が一例です。

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • ストレス
  • 冷え
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 眼精疲労

目の下の皮膚を引っ張って消えたり、目元のマッサージをして薄くなったりしたら青クマでしょう。

茶クマ:色素沈着

茶色っぽい見た目の茶クマは、色素沈着が原因のクマです。

皮膚が着色しているため、目の下の皮膚を引っ張るとクマが動きます

目元の皮膚はデリケートなので、目を擦ったり紫外線に当たったりしてダメージを与えると、メラニン色素が生じます。

肌のターンオーバーが滞り、メラニン色素が蓄積して皮膚に定着した状態が茶クマです。

の下のクマを改善する対策方法

目の下のクマは、種類によっておすすめの対策が異なります。

セルフケアで改善できる目の下のクマもあるので、種類ごとに対策方法を確認してみましょう。

黒クマ・赤クマ:セルフケアでの治療は難しい

黒クマ・赤クマは目の下の脂肪が原因なので、セルフケアだけでは治りません。

黒クマはハリを与えるケア、赤クマは目元のたるみを改善するケアで改善することもありますが、期待できないでしょう。

根本的に治療したい人や、即効性を求める人は美容クリニックで治療を受けるのがおすすめです。

青クマ:血流を改善する

青クマは血行不良が原因のクマなので、血流を改善するセルフケアで治る可能性があります。

血流をよくするためには、以下の対策を実践してみてください。

  • しっかり睡眠をとる
  • 適度に運動する
  • 入浴する
  • 目元を優しくマッサージする
  • ホットタオルやホットアイマスクや目元を温める

なお、セルフケアよりも美容クリニックの施術を受けるほうがより高い改善効果が期待できます。

茶クマ:保湿とUVケアを徹底する

色素沈着により生じる茶クマは、保湿とUVケアを徹底すると、治療効果を期待できます。

ターンオーバーが整うとメラニン色素が排出されるので、色素沈着が改善します。

ターンオーバーを促すためには、以下の対策が効果的です。

  • 保湿力が高いスキンケア用品を使う
  • 紫外線対策をする
  • 食品やスキンケア用品からビタミンCをとる
  • クレンジング時に目元を擦らない
  • 目元にダメージを与えないようにマッサージを避ける

なお、アリエル美容クリニック郡山院では、茶クマの治療はしていません。

目の下のクマはクリニックのクマ取りで改善できる

目の下のクマは、美容クリニックの施術で改善できます。

施術内容を解説するので、自分に合った対策があるか確認してみましょう。

脱脂

脱脂は、黒クマに効果がある施術です。

まぶたの裏側の粘膜部分を数ミリ切開し、クマの原因である脂肪を取り除きます。

皮膚の表面を切開しないので「切らないクマ取り」とも呼ばれており、傷跡が目立ちづらい点が魅力です。

脂肪自体を取り出すことから、半永久的な効果があります。

ダウンタイムは1週間程度と短く、抜糸がないので施術翌日からメイクできます。

1ヶ月程度で、完全になじむでしょう。

脂肪注入

脂肪注入は、目の下に自分の脂肪を注入する施術です。

基本的に脂肪注入は、脱脂と併用します。

脱脂だけでは目の下がくぼむ可能性があるので、脂肪を注入して自然な仕上がりをかなえます。

脂肪を注入すると目元に厚みができ、皮下が透けにくくなるため、黒クマ・赤クマ・青クマに効果的です。

ダウンタイムは、1〜2週間程度続きます。

脱脂のみ受けるよりダウンタイムは長くなりますが、効果の高さから人気の施術です。

余剰皮膚切除

余剰皮膚切除は、脱脂・脂肪注入と併用する施術です。

皮膚のたるみが原因で黒クマが生じた場合や、脱脂後に皮膚が伸びていたケースで、余った皮膚を切除します。

比較的治りが早い目のきわに沿って切開するため、あまり傷跡は目立ちません。

ダウンタイムは1〜2週間程度で、施術後1週間で抜糸します。

抜糸した翌日からメイクできるようになり、施術から3ヶ月程度で完全になじむでしょう。

アリエル美容クリニック郡山院で目の下のクマを改善しよう

アリエル美容クリニック郡山院では、茶クマを除くすべてのクマを改善する施術を実施しています。

お客様のクマや悩みを解決するために、診察前のカウンセリングからじっくりお話を聞きます

お客様の相談内容をもとに最適な施術計画を提案するため、高い効果を期待できるでしょう。

痛みや腫れを最小限に抑える施術を行っているため、痛みに弱い人も安心してご来院ください。

当院のカウンセリングは無料です。

目の下のクマの種類を知りたい人や、施術に不安点がある人は、ご相談だけでもよいのでお気軽にお越しください。

目の下のクマの種類によって対策方法は異なる


目の下のクマは、種類によって対策方法が異なります。

青クマ・茶クマならセルフケアで改善できることもありますが、美容クリニックを活用する方が確実性が高いです。

また、黒クマ・赤クマを治すためには美容クリニックの施術が必要です。

美容クリニックではクマの種類や程度によって、脱脂・脂肪注入・余剰皮膚切除の3種類の施術を行います。

自分のクマがどの種類か、どの施術がよいか知りたい人は、クリニックのカウンセリングを受けてみましょう。