アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

クマ取りは傷跡が残らない?クマ取りの治療方法やメリットを紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

目の下にあるクマを取りたいけれど、傷跡によって施術が周囲にバレてしまうのではないかと不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、クマ取りの傷跡について解説します。

クマ取りのメリットやリスク、傷跡を残さないコツも詳しく紹介します。

傷跡が目立たない方法でクマを改善したい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、眼窩脂肪除去(脱脂)と脂肪注入によるクマ取りを行っています。
無料のカウンセリングで施術について説明しているため、クマ取りに不安を抱えている方はぜひお気軽にお問合せください。

クマを治療するならクマ取りがおすすめ


クマを治療したい場合、クマ取りが効果的です。

施術を受けるか悩んでいる人は、まず美容クリニックで受けられるクマ取りの施術について把握しましょう。

眼窩脂肪除去(脱脂)

眼窩脂肪除去(脱脂)は、まぶたの裏の粘膜部分を切開し、脂肪を取り除く施術方法です。

眼球は眼窩脂肪というまぶたの裏の脂肪に支えられていますが、年齢とともに脂肪が前に突出してクマが現れます。

クマの原因となっている脂肪そのものを取り除くため、半永久的に効果が続く点が魅力です。

軽度のクマであれば、基本的に皮膚を切除すること無く、眼窩脂肪除去で治療できます。

脂肪注入

脂肪注入は、眼窩脂肪除去とセットで行う施術です。

眼窩脂肪除去だけでは効果を実感できなかったり、目の下がくぼんでしまったりする場合に併用して行います。

太ももなどから採取した自分の脂肪を皮下になめらかに注入することで、眼窩脂肪除去のみ行う場合よりもハリや透明感のある肌質に導けます。

中等度から重度のクマにも効果があるため、クマの程度が強く、皮膚のたるみや色味が気になる方にもおすすめです。

脂肪を注入する分ダウンタイムは長くなってしまいますが、クマの改善効果が強くなります。

クマ取りは傷跡が残りにくいって本当?メリットを紹介

クマ取りは傷跡が残りにくいと話題の施術方法です。

傷跡が目立たない理由と、他のメリットについて解説します。

傷跡が目立たない

クマ取りは皮膚表面を切除せず、まぶたの裏を切開するため傷ができません。

そのため施術直後でも、傷跡が気になることはない点が大きな魅力です。

周囲にバレるリスクが低いため、ダウンタイムが気になる人も安心でしょう。

ダウンタイムが短い

一般的にクマ取りは、ダウンタイムが短いといったメリットがあります。

切開する範囲が狭いため、傷の治りが早い傾向があります。

洗顔・シャワーは当日から、メイクは翌日から可能です。

ダウンタイムの症状は短くて数日、長くても2〜3週間程度でおさまります。

目元が若々しくなる

クマ取りをするとコンプレックスや悩みを解消できるうえに、目元が若々しくなる点がメリットです。

目の下にクマがあると老けている印象を与えてしまいます。

クマを取ることで隠れていた涙袋もくっきりとするので、目元が若返って見えるでしょう。

時間を巻き戻したような若返り効果があることから、数年経ってももとに戻りません。

クマ取りにリスクはある?

メリットの多いクマ取りですが、ダウンタイムが生じるリスクもあります。

どのようなダウンタイムがあるか確認し、施術に備えましょう。

痛み

クマ取りにより、一時的に目を動かすと痛みを感じる人が一定数います。

施術中は麻酔により痛みを感じませんが、施術後から1〜2週間程度は痛みが生じる可能性があります。

ただし個人差があるので、まったく痛みを感じない人も珍しくありません。

痛みに耐えられない場合は、処方された薬を使用しましょう。

腫れ

クマ取りのダウンタイムで、腫れる人も多くいます。

腫れは軽度であることが多いですが、目の周りが数日から1週間程度腫れます。

目元がぱんぱんに腫れてしまうわけではありませんが、多少の腫れは術後ほとんどの方で見られます。

長期間経過しても腫れがひかない場合は、医師に相談してください。

出血・内出血

施術後は、涙のような出血や目の周りの内出血が起きることもあります。

血の涙は、傷口から血が出やすいため涙に混じっている状態です。

基本的に施術後3日から1週間程度で治まるので、過度に心配する必要はありません。

また内出血は、血管から漏れ出た血液が皮膚に出血している症状です。

内出血部分が黄色くなり1~2週間で徐々に目立たなくなります。

クマ取りで傷跡を残さないコツは?

クマ取りは基本的に傷跡が残りませんが、ダウンタイムを適当に過ごすと腫れや内出血により施術がバレてしまう可能性があります。

周囲にバレないためにも、クマ取りを受ける際のコツを確認しましょう。

自分に合ったクリニックを選ぶ

クマ取りでは、自分に合ったクリニックを選ぶことが重要です。

受けたい施術方法があるか、予算が合うか、経験豊富な医師がいるかチェックしましょう。

特に医師のテクニックは、仕上がりやダウンタイムに影響します。

クリニックの公式サイトで実績を確認したり、カウンセリングで実際の症例を見せてもらったりして技術の高さを見極めましょう。

施術後は患部を冷やす

施術後に患部を冷やすと、ダウンタイムの症状悪化を防げます。

水と氷を入れたビニール袋や保冷剤を包んだタオルを数分程度まぶたに当てましょう。

1日に何度か患部を冷やすことで、炎症を抑えやすくなります。

ただし凍傷になるリスクがあるため、保冷剤は直接肌に当てないように注意しましょう。

血行を促進しない

ダウンタイム中は、血行を促進する入浴・飲酒・激しい運動などを控えましょう。

血流がよくなると、腫れや内出血が生じやすくなります。

施術後1週間程度は、血行を促す行動は避けましょう。

アリエル美容クリニック郡山院のクマ取りは傷跡が目立たない!

アリエル美容クリニック郡山院のクマ取りでは、皮膚を切除しないため傷跡が残りません。

高いテクニックを持つ医師が施術することから、理想の仕上がりを期待できるでしょう。

施術はカウンセリング当日および別日を選べるので、クマ取りするか悩んでいる方も安心です。

また当院では待合から施術まで完全個室であり、周りの目を気にせずリラックスして相談できます。

無料でカウンセリングしているため、クマ取りを検討している方や気になる点がある方はお気軽にご相談ください。

傷跡が残りにくいクマ取りでコンプレックスを解消しよう


クマ取りは皮膚を切除しないため、傷跡ができません。

傷跡が残らない分、周囲に施術したことをバレずに済みます。

クマ取りはコンプレックスを解消し、目元を若々しい印象にできる点が魅力です。

痛み・腫れ・出血・内出血といったダウンタイムが生じるリスクはありますが、数日から2週間程度で治ります。

目の下のクマに悩んでいる方は、まず信頼できるクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。