アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

二重整形後の腫れはどのくらいの期間続く?腫れる原因や早く治す方法もご紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

二重整形を考えているものの、「二重整形後の腫れはどのくらい続く?」「早く治すにはどうしたらいい?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、二重整形後の腫れがどのくらいの期間続くのかについて、詳しく解説していきます。

また、合わせて二重整形で腫れが現れる原因や、腫れを早く治す方法についてもご紹介します。

二重整形による腫れについて気になっている方は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、腫れを極力抑えられるよう心がけて二重整形を行っています。
また、カウンセリングの際に腫れの度合いやダウンタイム中の過ごし方について丁寧に説明をしますので、安心して施術を受けていただけます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

二重整形によって腫れる期間は施術方法によっても異なる


二重整形の施術方法は大きく分けて、埋没法と切開法に分けられます。

施術方法によって、腫れの度合いや腫れの続く期間が異なります。

ここからは、埋没法と切開法の腫れが続く期間をご紹介します。

埋没法による腫れは1~2週間程度

埋没法とは、髪の毛よりも細い糸をまぶたの内側に留めて二重のラインを作る施術法です。

切開の必要がないため、ダウンタイムは比較的短く、パッと見てわかるほどの腫れは1週間程度で治まります。

埋没法によって作った二重の幅が完全に安定するのは、施術から1ヶ月あたりです。

とはいえ、腫れのピークは施術直後〜2日ほどであるため、切開法に比べて早く仕事に復帰できます。

切開法による腫れは1ヶ月以上

切開法とは、二重にしたいラインに沿ってメスで切開する施術法のことです。

名前の通り切開を伴う施術のため、埋没法と比べると腫れが強く出やすい傾向にあります。

切開法による腫れのピークは施術後1~2週間程度ですが、腫れが落ち着くまでは1ヶ月以上かかることがほとんどです。

ダウンタイムは埋没法より長めですが、効果が半永久的に続く・好みのデザインの二重を作れる、といったメリットがある術式です。

二重整形後に腫れが現れる原因

二重整形に限った話ではありませんが、なぜ処置後に腫れが現れることがあるのでしょうか。

二重整形後に腫れが現れる原因には、以下のようなものがあります。

  • 施術による炎症
  • むくみや内出血
  • 二重幅が広いデザインにしている

それぞれ詳しく解説していきます。

施術による炎症

施術を受けると少なからず肌がダメージを負うため、施術後は炎症を引き起こします。

炎症は身体の傷を修復するために起こる現象です。

傷が大きいほど炎症は起こりやすいため、メスを入れる切開法で起こりやすい傾向にあります。

むくみや内出血

二重整形で腫れが起こる原因には、むくみや内出血があります。

施術により血管やリンパ管を傷つけたり通りが悪くなったりすることで、むくみや内出血が現れます

軽い内出血であれば腫れはほとんど目立ちませんが、内出血の度合いが大きいと腫れも強く出やすくなります。

二重幅が広いデザインにしている

二重幅が広いデザインにしている場合、施術後の腫れが目立ちやすくなることがあります。

二重幅を広く取ろうとすると、まぶたを大きくすくわなくてはいけなかったり強く固定したりする必要があるため、まぶたに大きな負荷がかかるのです。

また、二重幅が広いデザインにするとむくみも発生しやすくなるため、腫れが長く続くことがあります。

腫れを早くひかせるためのポイント

二重整形による腫れを早くひかせるためには、ダウンタイム中の過ごし方も重要です。

ダウンタイム中の過ごし方が悪いと、腫れが悪化することもあります。

ここからは、腫れを早く治すための過ごし方のポイントについてご紹介します。

患部を冷やす

まぶたに腫れが現れている場合は血液量が多く、炎症を起こしている状態です。

炎症を抑えるためには、患部を冷やして血管を収縮させ、血流量を減らすことが大切です。

とくに施術直後~3日ほどは炎症が強く出ているので、冷やすのがおすすめです。

冷やす際は保冷剤などをタオルなどでくるんで患部にあてるようにしましょう。

患部を刺激しない

施術後はまぶたが傷ついている状態の時に刺激を与えることで、腫れや炎症が悪化してしまう恐れがあります。

気になるかもしれませんが、こすったり必要以上に触ったりしないようにしましょう。

腫れがひかない間はメイクも控えるのが無難です。

また、洗顔やスキンケア、コンタクトレンズの使用も刺激になる恐れがあります。

極力刺激を与えないよう注意しましょう。

血行を促進するような行為は控える

血行を促進するような行為は、腫れを悪化させる可能性があります。

血行を促進するような行為には、以下のようなものがあります。

  • 激しい運動
  • サウナ
  • 長風呂
  • 飲酒

激しい運動や長風呂は、血行をよくする効果があります。

施術当日~1週間ほどはできるだけ上記のような行為は控えるようにしましょう。

また、湯船につかると血行が促進されやすいので、入浴はシャワーで済ませるのがおすすめです。

腫れを最小限に抑えたいならアリエル美容クリニック郡山院で施術を受けよう

施術を受けるクリニックによっては、施術後の症状の現れ方が変わることがあります。

そのため、ダウンタイムの症状を最小限に抑えるためにはクリニック選びも重要です。

腫れを抑えた施術を希望する方は、アリエル美容クリニック郡山院がおすすめです。

アリエル美容クリニック郡山院では麻酔から糸の留め方、切開や止血の仕方にわたりさまざまな箇所でダウンタイムの症状を最小限に抑えるため、独自の技法を用いています。

他院では難しいと言われたまぶたでも、ダウンタイムを抑えた方法で施術ができることも少なくありません。

二重整形を検討している方は、ぜひお気軽にご相談ください。

【まとめ】腫れを早くひかせるためにはダウンタイム中の過ごし方も重要


二重整形による腫れは、施術方法によっても度合いが異なります。

また、二重整形による腫れを早くひかせるためには、ダウンタイム中の過ごし方もポイントです。

患部を冷やす、刺激を与えないなどはもちろんですが、激しい運動や長風呂などの行動は避け、腫れが現れてる間はできるだけ安静にして過ごすようにしましょう。

アリエル美容クリニック郡山院では、カウンセリングを無料で受け付けています。

些細な疑問でも構いません。

ぜひお気軽にお問い合わせください。