アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

リフトアップする施術のダウンタイムは何日?糸リフト後の過ごし方

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

顔のリフトアップ効果を期待できる、糸リフト。

糸リフトを受けたときのダウンタイムはどれくらい続き、どんな症状が出るのか気になる方も少なくないでしょう。

本記事では、糸リフトのダウンタイム期間や症状を紹介します。

ダウンタイム中の過ごし方や、ダウンタイムを短くするコツも解説します。

フェイスラインが気になっている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

小阪院長

顔のたるみやもたつきを改善したい方は、リフトアップ効果のある糸リフトがおすすめです。
当院ではダウンタイムを短縮してお客様の負担を減らすためにも、痛みや腫れを抑える工夫をしています。
ダウンタイムを短くしたい方は、お気軽に無料カウンセリングへご相談ください。

糸リフトは顔をリフトアップする施術


糸リフトは、皮膚を切開せずに顔をリフトアップできる施術です。

コグというトゲのある糸を皮下に挿入し、皮下脂肪に引っかけて顔の肉を引っ張り上げます。

顔のたるみやもたつきを改善する効果が見込めるので、人気です。

また糸の挿入により、コラーゲン・エラスチンなどハリのある肌へ導いてくれる成分が生成されるので、美肌効果も得られます。

また物理的にたるみを引き上げることから顔にメリハリが生まれるので、小顔効果も期待できるでしょう。

糸リフトで顔をリフトアップするとダウンタイムは何日続く?

糸リフトで顔をリフトアップすると、1週間程度のダウンタイムが生じます。

ダウンタイムの様子は個人差が大きく、全く症状が出ない方から1ヶ月程度続く方もいます。

症状のピークは2〜3日程度なので、心配な方は2.3日お休みをとれるときに施術を受けると安心でしょう。

糸リフトで起こるダウンタイムの症状は?

糸リフトで起こるダウンタイムの症状について、解説します。

ダウンタイム中の不安を減らすため、施術前に把握しておきましょう。

腫れ

糸リフトの施術後、1〜3日程度は腫れる可能性があります。

施術時の麻酔量が多いと、腫れやすい傾向があります。

痛み

糸リフトのダウンタイム中、口を開いたときや顔に触れた際に痛みを感じることがあります。

軽い痛みで、耐えられないほどではないでしょう。

長くても、1〜3週間程度で治ります。

痛みに耐えられないと感じたら、施術後に痛み止めを処方してもらってください。

当院では処置を受けられたお客様に必ず鎮痛剤をお渡ししております。

引きつれ

糸リフトを受けた後、皮膚の引きつれを感じる方もいるでしょう。

糸でリフトアップするので、治療直後は不自然に感じる傾向があります。

基本的には1か月ほどで症状は落ち着いてきます

引きつれが治らない場合は強く糸を引っかけすぎているトラブルが考えられるため、医師の診察を受けましょう。

内出血

糸リフトでは、糸を挿入した部位に内出血が起こることも珍しくありません。

軽度な内出血なので、ファンデーションやコンシーラーで十分に隠せることが多いです。

1週間程度で治る症状のため、内出血が起きてもダウンタイム中は様子見してください。

口元の違和感

糸リフトでは皮膚の内側から顔の肉を引き上げているため、口が開きにくいと感じたり、いつもと違う感覚があったりするでしょう。

馴染んでくると気にならなくなるので、1か月程度は待ってみてください。

ダウンタイムが終わっても違和感がなくならなければ、医師に相談してください。

糸リフト後の適切なダウンタイムの過ごし方

糸リフト後の過ごし方によっては、ダウンタイムを短くできます。

ダウンタイム中の適切な過ごし方を解説するので、参考にしてください。

患部を冷やす

施術直後は、患部を冷やしましょう。

冷やすことで、腫れや内出血を抑える効果があります。

ビニール袋に水と氷を入れたものか、保冷剤をタオルに包んだものを使えば、凍傷などのリスクを防ぎながら効果的に患部を冷やせます

顔に刺激を与えない

糸リフトのダウンタイム中は、顔に刺激を与えないようにしましょう。

以下のような行動で顔を刺激すると、糸がずれるリスクが高くなります。

  • 触る
  • 大きな口を開けない
  • マッサージする
  • ハイフを受ける

糸がなじむまでは時間がかかるので、長持ちさせるためにもできる限り患部に触れないでください。

血流がよくなる行動を避ける

ダウンタイム期間は、以下のような血流がよくなる行動を避けましょう。

  • 長時間の入浴やサウナ
  • 飲酒
  • 激しい運動

血行がよくなると、腫れや内出血が生じやすくなったり長引いたりします

シャワーだけにして、安静に過ごすようにしましょう。

枕を高くして仰向けで寝る

糸リフトの施術を受けたら、枕を高くして仰向けで寝るようにしてください。

横向きで過ごすと、むくみやすくなります。

ダウンタイムを短くするためには、できる限り体を起こした状態で過ごすのがおすすめです。

日中は座って安静にし、寝るときは顔に水分が集まらないように枕を高くして仰向けの姿勢でいるとよいでしょう。

口を大きく開かない

糸リフトの施術後は、口を大きく開けないように気をつけましょう。

無理に口を開くと、コグが抜けたり糸がずれたりする可能性があります。

あくびをするときや笑うときは、口が開きすぎないように注意してください。

また食事のときは、口への刺激を減らすためにも固い食べ物を避けましょう。

柔らかい食材を選び、小さく刻むのがおすすめです。

糸リフトのダウンタイムを抑えるためにはクリニック選びも重要

糸リフトのダウンタイムを短くしたり、高いリフトアップ効果を得たりするためには、クリニック選びも重要です。

丁寧にカウンセリングしてくれるクリニックを選ぶ

丁寧にカウンセリングしてくれるクリニックを選べば、ダウンタイムを抑えられます。

しっかりと時間をかけてカウンセリング、診察をしてくれるクリニックなら、「ダウンタイムを短くしたい」という希望を叶えられるプランを提案してくれるでしょう。

理想と異なる仕上がりになる可能性も高くなってしまうので事前にしっかりと話を聞いてくれるクリニックを選びましょう。

技術力が高く経験が豊富な医師を選ぶ

技術力が高く経験豊富な医師ならダウンタイムを抑えて、リフトアップしてくれるでしょう。

糸リフトの仕上がりは、医師の技術が影響します。

スキルレベルの高い医師なら、痛みや腫れを抑えた施術も可能です。

症例写真の仕上がりや症例数を比較して、医師の技術力を確認しましょう。

アリエル美容クリニック郡山院の糸リフトで顔をリフトアップさせよう

アリエル美容クリニック郡山院の糸リフトは、経験豊富なベテラン院長が担当します。

技術力が高い医師なので、痛みや腫れを抑えて効果を持続させられる点が魅力です。

リフトアップ効果を高くするために、お客様へ最適なプランを計画します。

時間をかけてじっくりカウンセリングするので、顔をリフトアップしたい方は一度当院の無料カウンセリングへお越しください。

理想通りに顔をリフトアップするならダウンタイム中の過ごし方が大切


顔をリフトアップさせる糸リフトは、1週間程度のダウンタイムが生じます。

腫れ・痛み・引きつれなどの症状が出る可能性がありますが、患部を冷やしたり血行が促進される行動を控えたりするとダウンタイム期間を短縮できます。

少しでもダウンタイムを抑えたい方は、丁寧にカウンセリングしてくれる経験豊富なクリニックを選ぶことも重要です。