アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

黒クマは自力で治すより美容クリニックで治療しよう!治療方法を紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

自力で黒クマを治したいけどどうしたらよいかわからず、悩んでいる人も多くいるでしょう。
実は黒クマをメイクで目立たなくさせることはできても、自力で治すことは難しいのが現状です。

そこで本記事では、黒クマができる原因やおすすめの治療方法を紹介します。黒クマを完全に消したい方やクマ取りをした方がいいのか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、クマの種類に合わせた治療方法を提案いたします。無料でカウンセリングを実施しているので、ぜひご相談だけでもお問い合わせください。

黒クマの特徴とは?

黒クマとは、目の周りの皮膚がたるみやふくらみによって、目の下に影ができたことで発生するクマです。引っ張って色が薄くなるなら血行不良が原因の青クマ、色が変わらなければ色素沈着が原因の茶クマと判断できます。

まぶたを引っ張るとクマがなくなり、上を向いたり光を当てたりすると色が薄くなるなら、黒クマの可能性が高いでしょう。

黒クマと涙袋は混同されやすいですが、大きく異なります。脂肪が、脂肪を支える筋肉や靭帯の力が弱くなったことで押し出されて見えてしまい、それによって影ができてしまって黒く見える状態です。

黒クマができる原因は?

黒クマを適切に治すためには、発生した原因を把握することが大切です。ここでは、黒クマができる原因を解説します。

老化や紫外線ダメージによるたるみ

黒クマは、老化や紫外線ダメージによるたるみで発生します。老化や紫外線ダメージを受けると、皮膚内部のコラーゲンやエラスチンは減少。肌のハリや弾力がなくなり、しわやたるみの発生につながります。

肌の乾燥も黒クマの一因になるので、日頃からエイジングケア・紫外線対策・保湿ケアに力を入れることも大切です。

目元の筋肉の衰え

目元の筋肉の衰えも、黒クマが発生する原因です。加齢により目元の筋肉である眼輪筋が衰えると、眼球が下がります。

その結果、眼球を支える目の下の脂肪である眼窩脂肪が前に出てしまい、目の下の影を作り黒クマが発生します。眼窩脂肪が前に出るほど黒クマは目立つので、加齢とともに黒クマで悩む方は増加中です。

目の周りのむくみ

目の周りがむくむことでも、黒クマは発生します。水分や老廃物が溜まることで目元がふくらみやたるみが、目の下に影を作り、黒クマになります。

むくみが発生するのは、塩分の摂りすぎ・アルコールの摂取・ストレス・睡眠や運動不足・ホルモンバランスの変化などさまざまなことが原因です。健康的な生活を心がけると、目元のむくみ解消につながります。

目の酷使

PCやスマホなどで目を酷使したり、アイメイクで目に刺激を与えたりすることで、黒クマが発生することもあります。

デジタル機器は瞬きの回数を減らすため、目元の筋肉を衰えさせてしまう可能性があります。
またアイメイクで目に刺激を与えたり、メイク落としのときにこすりすぎてしまいまぶたに摩擦が起きたりすることで、皮膚のたるみにつながることも少なくありません。

目の酷使や刺激により、皮膚への負担が増えるほど黒クマは目立ちやすくなります。

黒クマは自力で治せるの?

黒クマを自力で治すのは、なかなか難しいでしょう。目の周りの筋肉の衰えにより皮膚がたるみ、目の下に影ができることで黒クマは発生します。

そのため目の周りの筋肉を鍛えるトレーニングをしたり、美容液でケアしたりするセルフケアでは、自力で治す難易度が高くなります。

自力で改善できない場合は、美容クリニックで施術を受けるのがおすすめです。

黒クマの改善を期待できる治療方法を紹介

美容クリニックで受けられる、黒クマの改善を期待できる治療方法を紹介します。複数の治療方法があるので、自分に合った方法を考えてみましょう。

眼窩脂肪除去(脱脂)

眼窩脂肪除去は脱脂とも呼ばれ、まぶたの裏の粘膜部分を切開し、脂肪を切除するポピュラーな治療方法です。半永久的に効果が持続するので、1回の施術で効果を感じられます。

皮膚を切除せずまぶたの裏側を切るため、傷跡が目立ちにくくダウンタイムが短い点が大きな魅力です。

痛みや腫れ、内出血などのダウンタイムが1週間ほど続きます。ただし、しわやたるみが多い方が受けると、小じわが発生しやすくなるので注意しましょう。

目の下のたるみや黒クマが気になる方に、おすすめです。

脂肪注入+眼窩脂肪除去

眼窩脂肪の突出が原因で発生する黒クマですが、脂肪注入により治療する方法もあります。当クリニックでは、眼窩脂肪除去とととに施術しています。

脂肪を除去することで目の下がくぼみすぎて不自然になったり、かえって目の下に影ができたりすることも少なくありません。そこで脂肪注入をすることで、くぼみを目立たなくさせられます。

新たなしわの発生も防げるので、若々しい印象をかなえられます。ダウンタイムは眼窩脂肪除去とあわせて、2週間程度です。

ヒアルロン酸注入

黒クマの治療のために、ヒアルロン酸を注入することもあります。下がってしまった眼窩脂肪の上にできたくぼみに、ヒアルロン酸を注入することで、黒クマを目立たなくさせる効果を期待できます。

皮膚や粘膜部分を切除しなくて済みますし、効果はすぐに感じられるので、気軽に受けられる点が魅力です。ダウンタイムも数日で終わるほど短く、内出血が起きても2週間程度で治ります。

ただしヒアルロン酸注入では、くぼみを膨らませることで黒クマを目立たなくさせるので、根本的な治療にはならない点に注意しましょう。またヒアルロン酸注入による効果は一時的なので、半年から1年程度の頻度で施術を繰り返す必要があります。

アリエル美容クリニック郡山院ならクマの種類に合わせた治療ができる

アリエル美容クリニック郡山院では、クマの種類に合わせた治療を提供している点が魅力です。
術後の仕上がりを想定し、1人ひとりの悩みに寄り添ったデザインを行います。

アフターフォローも充実しており、施術後のダウンタイムで不安なことがあれば何度も診察を受けていただけます。万が一のトラブルが起きたときも無料で薬を処方しているので、安心して施術を受けられるでしょう。

無料でカウンセリングを行なっているため、黒クマを治療するか迷っている方はぜひご相談ください。

黒クマは自力で治すよりも美容クリニックで確実に治療しよう


黒クマは加齢や目元の筋肉の衰え、目の酷使により、眼窩脂肪が突出し、たるみやふくらみによって目の下に影ができることで発生します。

そのため自力で治すことは難しく、完治したい場合は美容クリニックで治療を受ける必要があります。美容クリニックでは、眼窩脂肪除去(脱脂)や脂肪注入・ヒアルロン酸注入などの治療が可能です。

自分がどのクマか判別できない方や、どんな治療方法がよいか悩んでいる方は、まず美容クリニックでカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。