アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

目の下のクマができる原因は?種類ごとの改善方法を紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

ホームケアではなかなか目の下のクマが改善されないことから、そもそもクマの原因が何か気になっている人も多いでしょう。

実は目の下のクマには複数の種類があり、クマのタイプによってできる原因やおすすめの施術方法が異なります。

自分のクマタイプや適した施術方法を知ることは、治療の近道です。

そこで本記事では、目の下のクマの種類別に原因を解説します。

目の下のクマを改善する方法についても紹介するので、クマにコンプレックスを抱えている人はぜひ参考にしてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、無料のカウンセリングを設けています。
お客様のクマタイプを判断し、適切な施術方法を提供します。
目の下のクマが気になっている方は、ぜひお気軽にお問合せください。

目の下のクマができる原因は?


目の下のクマができる原因は、クマのタイプによって異なります。

茶クマ・青クマ・黒クマの3つの種類ごとに、クマができる原因を解説するので確認してみてください。

また、クマができる病気についてもあわせて紹介します。

茶クマ:色素沈着が原因

色素沈着により生じる茶色くくすんだクマは、茶クマと呼ばれています。

紫外線や摩擦によるダメージを受けるとメラニンが増えてしまい、皮膚の色が変わってクマになります。

そのため目の下を引っ張っても、クマの色味は変化しません。

目元は他の部位よりも皮膚が薄いため、刺激を少しでも与え続けてしまうと茶クマとして定着してしまいます。

目を擦ったり、アイメイクをしっかり落とせていなかったり、生活習慣が原因になっていることも多いため、注意しましょう。

青クマ:目の下の血行不良

青クマの原因は、目の下の血行不良です。

目の下の皮膚はとても薄いため、肌の上からでも血管が目立ち、青クマになります。

青クマは皮膚の下の血管が透けて青黒く見えている状態なので、皮膚を引っ張るとクマの色味が薄くなったり消えたりします。

運動不足・睡眠不足・パソコンやスマホの長時間使用による眼精疲労や慢性的な冷え性などによって、青クマは発生することが多いとされています。

また皮膚が薄い人や色白の人は体質的に血管が透けやすいことから、青クマができやすいです。

黒クマ:目の下のたるみ

黒クマは、目の下のたるみやくぼみにより影ができて、黒く見えるクマです。

目の下のたるみは、目元の筋力や靭帯が加齢などにより低下したことで、眼窩脂肪を支えきれなくなったことにより本来の位置より前方に押し出されてしまったことで生じます。

目の下を引っ張ったときに、影が消えた場合も黒クマと判断できます。

病気が原因のクマもある

一般的なクマは茶クマ・青クマ・黒クマの3種類ですが、病気によりクマのような症状が出ている人もいます。

たとえば貧血の人は、酸素や栄養を運ぶヘモグロビンが低下しているため、血行不良になり目の下が青くなる場合があります。

アトピー性皮膚炎や花粉症の人は目元をこすってしまい、摩擦によって、色素沈着してしまい茶クマにつながることも珍しくありません。

病気が原因でクマができた場合は、病気を治すことがクマ解消の近道です。

目の下のクマを改善する方法はある?

目の下のクマをすばやく改善するためには、美容外科で施術を受けるのがおすすめです。

クマ取りの施術方法を紹介するので、クマを解消したい人はぜひ参考にしてください。

脱脂法

脱脂法とは、黒クマの一般的な治療方法です。

下まぶたの裏側の粘膜部分を切開し、そこから脂肪を取り除きます。

脂肪によるふくらみがなくなることで、黒クマを改善する施術です。

皮膚の表面を切らないので、傷は見えません。

痛みや腫れ、内出血などは数日間出てきますが、1週間ほどで落ち着いてきます。

完全に馴染むのは、施術から2~3か月程度の時間が必要です。

メイクは翌日からますが、腫れ、内出血はありますので不安な方は、2〜3日休むのがおすすめです。

脂肪注入

脂肪注入は、茶クマ・青クマ・黒クマの全てに効果がある施術方法です。

自分の皮下脂肪を採取し、遠心分離をかけて目の下に注入します。

薄い皮膚に少し厚みを出し、また脂肪に含まれる幹細胞の働きによって、血液改善も期待できるので茶クマ・青クマの解消に効果的です。

また適度なふくらみができることで、目の下のくぼみによる影が解消され、黒クマが改善します。

当院では、脱脂法と脂肪注入をセットで行っています。

脂肪注入によるダウンタイムは、むくみや腫れ、内出血が2週間程度です。

脱脂法と脂肪注入を組み合わせると、脱脂法だけで治療するときよりダウンタイムが長引くので注意しましょう。

ヒアルロン酸注入

目の下の凹みが原因でできた黒クマの治療には、ヒアルロン酸注入も効果的です。

ヒアルロン酸とは体内にもある、肌の水分をキープする役割がある成分です。

目の下に針を刺してヒアルロン酸を注入するだけなので、片目で5分程度の施術時間で完了します。

大がかりな施術ではないので、他の美容外科手術と比べると安価に受けられる点が魅力です。

ダウンタイムは数日腫れが出る場合もありますが軽度ですので、手軽にできる治療方法といえるでしょう。

ただし効果は数か月から2年程度と短いので、何度も繰り返し行う必要があります。

アリエル美容クリニック郡山院なら自分に合った施術を受けられます

クマ取りを検討している方は、アリエル美容クリニック郡山院がおすすめです。

医師の技術レベルが高いので、自然な目元に仕上げます。

クマ取りではクマタイプに合っていない施術を受けると、効果が出ないケースが多いため、適切な診断を受ける必要があります。

事前のカウンセリングでしっかり診察するアリエル美容クリニック郡山院なら、お客様のクマタイプに合わせたプランを提案しているため、安心してご来院ください。

カウンセリングは無料で受けられるので、実績の豊富なクリニック・丁寧に話を聞いてくれるクリニックを探している方は、ぜひお問合せください。

【まとめ】目の下のクマは原因ごとに適切な施術を受けよう


目の下のクマは、種類によって発生する原因が異なります

色素沈着により生じる茶クマや目の下の血行不良で発生する青クマは、日々の生活習慣に原因があります。

一方で、目の下のたるみやくぼみの影でできてしまう黒クマは、加齢により目の下の脂肪が押し出てしまうことが原因です。

目の下のクマに合っていない施術を受けると、効果を実感できません。

適切な施術方法を知りたい人は、クリニックの無料カウンセリングで医師に相談してみましょう。