アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ボトックス注射で切開なしの人中短縮効果が期待できる?メリットも併せて解説

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

人中短縮したいと考えつつ、切開が怖くて踏み切れないという人は少なくないでしょう。

そのような人には、注射のみで施術が完結するボトックスでの人中短縮がおすすめです。

本記事では、ボトックス注射で行う人中短縮について解説します。

参考にして、施術の検討に役立ててください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、人中短縮効果を得たい人に向けてボトックス注射を実施しています。
切開をすることなく、人中を短くして童顔な印象を実現したい方におすすめです。
ぜひお気軽にカウンセリングへお越しください。

ボトックス注射とは?


ボトックス注射とは、名称通りボトックスを患部に注入し、さまざまな美容効果を期待する施術です。

ボトックスは筋肉の動きを抑える性質があり、打つ部位によってさまざまな効果に繋がります。

本記事では人中短縮効果について解説しますが、例えば脇に打つと多汗症改善に、顎に打つと梅干しシワ改善にというように、注射だけでいろんな悩みの改善に繋がる点がボトックス注射の魅力です。

ボトックス注射で人中短縮効果が期待できる理由

ボトックス注射で人中短縮効果が期待できる理由は、口輪筋の働きにあります。

口輪筋は口をすぼめるための筋肉ですが、発達しすぎると口がすぼまり気味になるため、人中が伸びてしまいます。

しかしボトックスを利用し、口輪筋の働きを弱めることで、上唇が上向きになり、人中が短く見えるのです。

ただし、本当に人中が短くなったわけではないため、効果が消えると人中の長さは元に戻ってしまいます。

人中短縮ボトックスのメリット

人中短縮ボトックスのメリットは、以下のとおりです。

  • 切開なしで人中短縮効果が期待できる
  • ダウンタイムが短い
  • 仕上がりが気に入らなければやり直せる

上記のメリットに魅力を感じる方は、ぜひ一度実際に人中短縮ボトックスを受け、効果を実感してみてください。

体への負担が軽くやり直しもきくため、施術へのハードルが低い点もボトックスの魅力です。

切開なしで人中短縮効果が期待できる

切開無しで人中短縮効果が期待できるのは、人中短縮ボトックスの大きなメリットです。

ボトックス以外の人中短縮の方法となると、基本的には切開となってしまうためです。

切開の人中短縮は、変化が大きく、効果に半永続性があるなどメリットも大きいですが、傷が大きいなどデメリットも大きめです。

そのため、切開は怖いという人や、そこまで大きな変化は求めていないという人には人中短縮ボトックスがおすすめです。

ダウンタイムが短い

ダウンタイムが短い点も、人中短縮ボトックスのメリットです。

施術自体は注射を打つのみであり、ボトックスそのものにもダウンタイムの症状を起こすような成分はありません。

結果としてダウンタイムは注射の傷に対してのみとなり、軽く済むのです。

そのため、多忙な人や休みを取りにくい人にも、安心して受けていただけます。

施術後はすぐに普段通りの生活に戻れますし、特別なことをする必要もありません。

仕上がりが気に入らなければやり直せる

仕上がりが気に入らない場合、やり直せるのも人中短縮ボトックスの特徴です。

ボトックスは時間が経つと効果が薄れだし、やがて消えます。

そのため、仕上がりが気に入らなければ、効果が消えるのを待って改めてやり直しができるのです。

特に美容医療初心者の方などは、失敗に終わって戻れないのが怖いという理由で二の足を踏んでいる人も多いでしょう。

しかし人中短縮ボトックスであれば、何度でもやり直しが可能です。

人中短縮ボトックスのデメリット

人中短縮ボトックスにはデメリットもあります。

具体的には以下のとおりです。

  • 効果に永続性が無い
  • ダウンタイムの症状が出るケースがある
  • 医師の腕に仕上がりが左右される

どのような施術でも、デメリットは必ずあります。

そのため、施術前に内容を知っておき、デメリットも踏まえて総合的に判断するのが大切です。

効果に永続性が無い

人中短縮ボトックスは、効果に永続性がありません。

個人差はありますが、効果持続期間はおよそ3~4ヶ月程度です。

時間が経過するにつれて効果は薄れていき、最終的に完全に消えてしまいます。

そのため、施術後の状態を維持するためには、定期的な再施術が必要です。

ボトックスを受ける際には、いつまで続けるかということも考慮しておきましょう。

なお、当院では3~4ヶ月以内に同じ部位へのボトックス治療を受ける方は、10%オフにしています。

ダウンタイムの症状が出るケースがある

人中短縮ボトックスは、ダウンタイムの症状が出るケースがあります。

必ず全員に出るというわけではなく、ほぼ何も起こらない人もいますが、起こるかどうかは個人差や体調などに左右されるため、完全に防ぐ方法はありません。

症状としては、腫れ、赤み、内出血などが発生します。

程度は一般的に軽度であるため、2~3日できれいに治ります。

ただし、内出血は程度が酷い場合、2週間ほど消えないケースもあります。

医師の腕に仕上がりが左右される

医師の腕に仕上がりが左右されるのも、人中短縮ボトックスのデメリットです。

人中短縮ボトックスの施術はシンプルですが、一方で高度な技術が必要です。

適量を適切な部位に打たなければきれいな仕上がりにならないため、医師の力量が仕上がりの美しさに直結してしまいます。

そのため、クリニック選びは慎重に行わなければなりません。

どこでも良いと考えるのは止めましょう。

人中短縮ボトックスならアリエル美容クリニック郡山院がおすすめ

人中短縮ボトックスを受けるなら、アリエル美容クリニック郡山院がおすすめです。

当クリニックの医師は、優れた技術とお客様の悩みに寄り添った丁寧なカウンセリングを実施しており、美しい仕上がりの人中短縮を目指します。

【まとめ】ボトックス注射は人中短縮効果が期待できる


ボトックス注射は、人中短縮効果が期待できます。

施術は注射のみで完結し、切開は伴いません

切開法には切開法独自のメリットがあるため、必ずしもどちらが良いとは言い切れませんが、切開が怖い人、体への負担が軽い方が良い人には、ボトックスでの施術がおすすめです。