アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

口角ボトックスにはデメリットもある?メリットと併せて解説

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

口角ボトックスを受けたいと考えつつ、デメリットが気になり踏み切れないという人は少なくありません。

しかし、どのような施術でもデメリットはあるものであり、重要なのは内容を知ったうえで判断することです。

本記事では、口角ボトックスのデメリットについて解説します。

参考にして、施術検討に役立ててください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、デメリットについて丁寧に説明した上で、ご納得いただいた方を対象に口角ボトックス注射を行っています。
また、アフターフォローも充実しているため、安心して施術を受けたい方はぜひご来院ください。

口角ボトックスとは?


口角ボトックスとは、ボトックスを注射器で口角に注入し、美容効果を期待する施術です。

ボトックスを打てる部位は口角だけというわけではなく、エラやあごなど、さまざまな部位に注入可能です。

ボトックスには注入部位の筋肉の動きを抑える作用があり、どこに打つかで最終的に期待できる効果が変化します。

口角ボトックスに期待できる効果

口角ボトックスに期待できる効果は、口角の引き上げです。

人は口角を下げる際口角下制筋を利用しますが、これが発達しすぎると口角が下がりがちになります。

また、口角を引き上げる際は口角挙筋を利用しますが、これが衰えても口角が下がりがちになります。

そこで口角下制筋にボトックスを打ち、働きを弱めることで、口角が上げやすくなり表情がにこやかになるのです。

口角ボトックスのデメリット

口角ボトックスのデメリットは、以下のとおりです。

  • 効果持続期間がある程度決まっている
  • ダウンタイムの症状が出る場合がある
  • 左右差が出る場合がある
  • 表情が作りにくくなる場合がある
  • 口が開けくくなる場合がある

効果持続期間はボトックスの性質によるものであり、誰でも共通したデメリットです。

しかし他のデメリットに関しては、必ず起こると決まっているわけではなく、個人差や医師の腕に左右されます。

効果持続期間のデメリット以外、まったく問題なく施術後を過ごす人も少なくありません。

効果持続期間がある程度決まっている

口角ボトックスの効果持続期間は、ある程度決まっています。

具体的には、およそ3~4ヶ月です。

個人差があるため、絶対に〇日後に消えるなどと断言はできませんが、一生続くことはあり得ません。

なお、効果が完全に切れると、口角は元の状態に戻ります。

悪化したと感じる人もまれにいますが、ボトックスが効いている状態との落差で悪化したと感じるだけであり、実際に元の状態以上に口角が下がることはありません。

なお、当院では3~4ヶ月以内に同じ箇所へのボトックス施術を受ける方の費用を10%オフとさせていただいています。

ダウンタイムの症状が出る場合がある

ダウンタイムの症状が出る場合があるのも、ボトックスのデメリットです。

全員に出るわけではなく、何も起こらない人も少なくありませんが、100%防ぐことはできないため、起こるかもと想定しておくのが大切です。

具体的な症状としては、腫れや赤み、内出血などになります。

数日で治るケースがほとんどです。

左右差が出る場合がある

口角ボトックスは、左右差が出る場合があります。

口角は左右にあるため、2か所に対する施術が必要です。

しかし施術部分だけに注目して施術してしまい、全体で見た際のバランスを確認し忘れると、片側だけならバランスが取れているが、トータルバランスは崩れているという状態になってしまうのです。

表情としては不自然になってしまうため、美しさの向上という点では効果が低くなってしまいます。

表情が作りにくくなる場合がある

口角ボトックスは、表情が作りにくくなる場合もあります。

ボトックスには、筋肉の動きを抑える働きがあります。

そのため、普段通り表情を作ろうとしても、いつも使っている筋肉が上手く使えず、結果として表情が作りにくくなるのです。

時間が経てば徐々に慣れて、不便を感じなくなっていきます

また、ボトックスの効果は3~4ヶ月で消えるため、それまで待てば表情は元通りに動くようになります。

口が開けくくなる場合がある

口角ボトックスは、口が開けにくくなるケースがあります。

口元の筋肉の動きを抑えた結果として、口の開閉にも影響が出ている状態です。

ただし、一般的には開けにくくなるものの、食べられない、会話できないなど、生活に支障が出るほど酷いことにはなりません

また、ボトックスの効果が消えれば元に戻るため、ずっとそのままということもありません。

口角ボトックスのデメリットを軽減する方法

口角ボトックスのデメリットを軽減する方法は、信頼できるクリニックで施術を受けることです。

クリニック選びに成功すれば、施術におけるデメリットやリスクを一挙に最小限に抑えられます。

焦って手近なクリニックに行くのではなく、クリニック選びに施術の成功がかかっているという意識を持ち、じっくり選定しましょう。

口角ボトックスのメリット

口角ボトックスには、デメリットだけでなくメリットも数多くあります。

具体的には、以下のとおりです。

  • ダウンタイムが短い
  • 体の負担が軽い
  • 切開などを伴わず傷が残らない
  • 万一仕上がりが気に入らなければやり直しできる
  • 施術後の制限が少ない

施術後の影響が少ない点が、口角ボトックスの魅力です。

美容医療初心者の方や、多忙な方にも手軽に受けていただけます。

デメリットの少ない口角ボトックスならアリエル美容クリニック郡山院で

デメリットの少ない口角ボトックスは、アリエル美容クリニック郡山院で受けられます。

当クリニックは優れた技術で、デメリットを最小限に抑えます。

また、カウンセリングの際も丁寧にデメリットについて説明し、疑問を残さない状態で施術に進んでいただけます

また、アラガン社製のボトックスに限り、施術を受けてから2週間〜1ヶ月以内であれば、無料でリタッチを実施しています。

デメリット発生のリスクを抑えたい方、クリニックの当てがない方は、ぜひご利用ください。

【まとめ】口角ボトックスを受ける際はメリットとデメリットを両方知っておこう


口角ボトックスを受ける際は、メリットとデメリットを両方知っておくのがおすすめです。

どのような施術でもデメリットはつきものであり、完全に防ぐことはできません。

そのため、起こり得ると考えたうえでメリットと天秤にかけ、総合的に判断することが大切です。