アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

鼻へのヒアルロン酸注射の持ちはどのくらい?よくある質問も解説

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

鼻へのヒアルロン酸注射を検討しつつ、効果の持ちがどれくらいなのか気になる人は少なくないでしょう。

ヒアルロン酸は効果に永続性がないため、いつかは効果が切れることを見越し知識を得ておくのが大切です。

本記事では、鼻へのヒアルロン酸注射の持ちについて解説します。

参考にして、施術検討時の手助けにしてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、効果持続期間について詳しく説明した上で、鼻へのヒアルロン酸注射を実施しています。
効果を長持ちさせるためのポイントもお伝えしているため、ぜひお気軽にご来院ください。

鼻へのヒアルロン酸注射とは?


鼻へのヒアルロン酸注射とは、ヒアルロン酸を注射器で鼻先や鼻筋などに注入し、美容効果を期待する施術です。

ヒアルロン酸は注入されると、その場所に留まる性質があります。

これを利用し、ボリュームアップやパーツの形成に利用されます。

施術自体は注射のみで終わるシンプルなものであり、切開などはまったく伴いません。

そのため、切開に抵抗があるという方でも、安心して受けていただけます

鼻へのヒアルロン酸注射に期待できる効果

鼻へのヒアルロン酸注射に期待できる効果は、以下のとおりです。

  • 鼻先を高くする
  • 曲がった鼻を改善する
  • 段鼻やわし鼻を改善する

鼻先に打つと鼻を高くする効果が見込めますし、鼻筋に打つと鼻筋の凹凸を改善したり、曲がりをまっすぐにしたりという効果が見込めます。

上記のような悩みを抱えている場合は、ぜひヒアルロン酸注射での改善をご検討ください。

鼻へのヒアルロン酸の持ちについて覚えておくこと

鼻へのヒアルロン酸の持ちについて、覚えておくことは以下のとおりです。

  • 効果に永続性はない
  • 一般的な持続期間は1年~2年程度
  • 効果維持のためには定期的な再施術が必要

いずれも重要なポイントです。

クリニック側からも説明されますが、事前に自分で知識を得ておくことで、説明内容を漏らさず掴めるようになります

効果に永続性はない

残念ですが、ヒアルロン酸の効果に永続性はありません。

ヒアルロン酸は体内に留まりやすい成分ですが、完全ではないため、少しずつ分解・吸収が進みます

そして、最終的には完全に体内からなくなり、施術前の姿に戻ってしまいます。

なお、しばしばヒアルロン酸の効果が消えると「施術前より悪化した」という人がいます。

ヒアルロン酸の効果消失によって状態が悪化することはありませんが、効果が出ている時の姿と落差があるため、悪化したように見えてしまう方もいるでしょう。

一般的な持続期間は1年~2年程度

鼻へのヒアルロン酸注射の一般的な持続期間は、1~2年程度です。

個人差があるため、持続期間の断言はできませんが、長くても2年経過する頃には効果が完全に消えているのが一般的です。

持続期間は個人の体質だけでなく、体調などにも左右されます。

そのため、前回は1年半持ったけれど今回は1年で効果が切れた、というケースもあり得ます。

効果維持のためには定期的な再施術が必要

鼻へのヒアルロン酸注射の効果を維持するためには、定期的な再施術が必要です。

放っておくと効果は完全に消えてしまうため、再施術で効果消失のタイミングを先へ伸ばしていくのです。

タイミングは、ヒアルロン酸の効果が消えてきたなと感じた時で構いません。

施術間隔についてはきっちり決まっているわけではなく、効果もいきなり完全消失することはないため、都合の良いタイミングで受けましょう。

鼻へのヒアルロン酸注射の持ちについてよくある質問

鼻へのヒアルロン酸注射の持ちについて、よくある質問は以下のとおりです。

  • 持ちを長くするためには何をすれば良いですか?
  • 沢山打つと効果の持ちは長くなりませんか?
  • 他の人よりも早く効果が消えたのですが施術の失敗ですか?

他にも疑問や不安があれば、遠慮なくクリニックに相談してください。

持ちを長くするためには何をすれば良いですか?

鼻へのヒアルロン酸注射の持ちを長くするには、ダウンタイムの過ごし方に気を付けることです。

ヒアルロン酸注入後は洗顔や適度な入浴は通常通り行っても問題ありませんが、長時間の入浴、飲酒、激しい運動、サウナなどを控えましょう。

代謝や血行が活発になると、腫れやむくみ、内出血が起こりやすくなります。

ダウンタイムでトラブルになってしまうと、炎症などになるケースがあり、結果的に注射の効果に悪影響を与えかねません。

ヒアルロン酸はダウンタイムの症状が軽く、ほぼないようなものと感じる人も多いのは事実です。

だからといって軽く見ず、数日は患部に注意して過ごしましょう。

沢山打つと効果の持ちは長くなりませんか?

ヒアルロン酸は、沢山打ったからといって効果の持ちが長くなるようなものではありません

むしろ、むやみに打つ量を増やすと、周辺部位にヒアルロン酸が流れてしまい、不自然な見た目となってしまいます。

ヒアルロン酸施術の成功ポイントは、適量を打つことです。

過剰な注入は悪影響に繋がるため、トラブルに対し量を増やして解決しようという考えは止めましょう。

他の人よりも早く効果が消えたのですが施術の失敗ですか?

ヒアルロン酸注入の効果が消えるタイミングは、個人差です。

医師の腕で仕上がりの美しさが変化することはありますが、腕によって効果持続期間の長さが変わることはありません

そのため、長期の効果持続を目指して医師を変えたり、クリニックを変えたりということにあまり意味はありません。

鼻へのヒアルロン酸はアリエル美容クリニック郡山院へ

鼻へのヒアルロン酸注射をご希望の方は、アリエル美容クリニック郡山院へお越しください。

当クリニックには優れた腕を持つ医師が担当にあたるため、美しい仕上がりの実現だけでなく、効果の持ちに対する説明や不安の解消、悩みへの相談などにも丁寧かつ的確にお応えできます

また、施術時に余ったヒアルロン酸を1ヶ月間保存しており、追加注入を無料で行っています。

【まとめ】鼻へのヒアルロン酸注射は効果の持ちについて忘れないようにしよう


鼻へのヒアルロン酸注射は、効果に永続性がありません。

そのため、施術を終えたからといって施術のことを忘れるのではなく、効果の持ちがどうなっているか定期的にセルフチェックする意識が大切です。

効果が消えてきたなと感じたら再施術を受け、美しい自分をキープしましょう。