アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

鼻へのヒアルロン酸注射にデメリットはある?よくある質問も紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

鼻へのヒアルロン酸注射を受けたいと思いつつ、同時にデメリットが気になってはいませんか?

どのような施術でもメリットがあればデメリットもあり、鼻へのヒアルロン酸注射も例外ではありません。

本記事では、鼻へのヒアルロン酸注射へのデメリットについて解説します。

参考にして、施術を検討する際の助けにしてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、デメリットについて詳しく説明した上でヒアルロン酸注射を実施しています。
失敗リスクを最小限に抑えられるよう施術を行っているため、成功させたいと考えている方はぜひ当院の利用をご検討ください。

鼻へのヒアルロン酸注射とは?


鼻へのヒアルロン酸注射とは、注射でヒアルロン酸を鼻先や鼻筋に注入し、美容効果を期待する施術です。

ヒアルロン酸は注入されると、その場所に留まる性質を持っています。

これを利用し、注入部位のボリュームアップ効果を期待するのです。

鼻先に注入すれば、鼻が高くなる効果が期待できます。

鼻筋に注入すると、段鼻を改善したり、鼻筋の曲がりを改善したりという効果が期待できます。

鼻へのヒアルロン酸注射のメリット

鼻へのヒアルロン酸注射のメリットは、以下のとおりです。

  • ダウンタイムが短く負担が軽い
  • 仕上がりが自然で施術を悟られにくい
  • 万一仕上がりが気に入らなくてもやり直しできる

特に施術を悟られにくい点や、やり直しができる点は、美容医療初心者の人への安心に繋がるでしょう。

また、体への負担も軽いため、施術後休みを取ったり、特別なことをする必要はありません。

すぐに仕事や家事に戻っても問題ないため、多忙な方にも受けていただけます。

鼻へのヒアルロン酸注射のデメリット

鼻へのヒアルロン酸注射のデメリットは、以下のとおりです。

  • 効果の出る期間には限りがある
  • ダウンタイムの症状が出るケースがある
  • 施術直後から効果が出るわけではない

クリニックからも説明はありますが、事前に知識を得ておいた方が、スムーズに説明内容を理解できます。

効果の出る期間には限りがある

鼻へのものに限らず、ヒアルロン酸注射の効果持続期間には限りがあります。

そのため、効果を維持するには、定期的な再施術が必要です。

ヒアルロン酸は注入部位に留まる性質を持っており、それを利用して美容効果に活かします。

しかし100%留まり続けるわけではなく、少しずつ吸収・分解されていくため、いずれは完全に効果が消えてしまうのです。

一般的な効果持続期間は、およそ1~2年です。

個人差があるため、効果が切れるタイミングは人それぞれですが、生涯続くことはありません。

ダウンタイムの症状が出るケースがある

ダウンタイムの症状が出るケースもあります。

全員必ず出るというわけではなく、ほぼ何も出ないという人も少なくありませんが、100%出ないとは言い切れません。

主な症状は腫れ、赤み、内出血などです。

一般的には症状が軽いため、2~3日できれいに治ります

ただし、内出血は長引いてしまった場合、消えるまで2週間程かかる場合もあります。

時間はかかってもいずれはきれいに治るため、症状が出ても焦らず回復を待ちましょう。

施術直後から効果が出るわけではない

鼻へのものに限りませんが、ヒアルロン酸は施術直後から効果が出るわけではありません。

状態が落ち着くまでは、およそ1週間程度かかります。

施術直後の患部は、ヒアルロン酸が注入された部位が膨らんでいます。

そこから時間をかけて少し周辺に広がり、ボリュームアップした場所が滑らかになって馴染むのです。

そのため、イベントなどに合わせてヒアルロン酸注射を行いたい場合は、状態が落ち着くであろうタイミングから逆算する必要があります。

鼻へのヒアルロン酸注射のデメリットについてよくある質問

鼻へのヒアルロン酸注射のデメリットについて、よくある質問を以下にまとめました。

  • ヒアルロン酸が広がっている気がします
  • もっと沢山注入すれば効果は高まりますか?

他にも疑問や不安があれば、遠慮なくクリニックにたずねましょう

疑問などを解決しないまま施術に進むのは、お互いのために良くありません。

ヒアルロン酸が広がっている気がします

ヒアルロン酸は、施術直後から徐々に馴染みます。

そのため、施術直後と比べてやや横に広がっていると感じるのは自然なことです。

ただし、広がり過ぎて不自然だと感じられる場合は、ヒアルロン酸の注入量が多過ぎるケースが考えられます。

時間経過とともにヒアルロン酸は吸収されていくため、放っておいて効果が切れるのを待つのもひとつの方法ですが、早急に解決したい場合はヒアルロン酸溶解注射(ヒアルロニダーゼ)で対応します。

もっと沢山注入すれば効果は高まりますか?

ヒアルロン酸は、沢山注入すれば効果が高まるというものではありません。

ヒアルロン酸は限度を超えた量を注入してしまうと、周辺に流れていってしまうリスクもあり、かえって不自然になってしまいます。

また、沢山注入すれば効果持続期間が長引くということもありません。

ヒアルロン酸で良い結果を出すポイントは、適量を注入することです。

効果が物足りない場合は量を増やすのではなく、別メニューの併用などで対応しましょう。

デメリットが少ないヒアルロン酸注射はアリエル美容クリニック郡山院で

デメリットが少ないヒアルロン酸注射は、アリエル美容クリニック郡山院でお受けください。

当クリニックでは腕利きの医師が、お客様ひとりひとりの状態を的確に診断したうえで施術にあたります。

そのため体への負担や施術後のトラブルを最小限に抑えることができます。

さらに、余ったヒアルロン酸は1ヶ月以内であれば、無料で追加注入することが可能です。

施術で結果を出したい方や、デメリットが気になるという方は、ぜひ当クリニックへお越しください。

【まとめ】鼻へのヒアルロン酸注射のメリットとデメリットを両方知っておこう


鼻へのヒアルロン酸注射を受ける際は、メリットとデメリットを両方知っておきましょう。

どのようなメニューでもメリットだけということはあり得ず、必ずデメリットがあるため、総合的な判断が必要です。

施術を受けてから想定と違ったということにならないよう、施術前に備えておいてください。