アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

涙袋ヒアルロン酸を受けた後からメイクはできる?過ごし方も紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

涙袋ヒアルロン酸は、切開の必要がなく、施術時間やダウンタイムが短いため、多くの方から人気を集めています。

手軽に可愛らしい目元を実現できるため、気になっている方も多いでしょう。

しかし「術後からメイクはできる?」「ダウンタイム注意に気をつけることはある?」などの疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、涙袋ヒアルロン酸後の過ごし方について詳しく解説していきます。

クリニックの選び方も紹介しているので、興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院は、涙袋ヒアルロン酸注射を得意としております。
注入量が多すぎて不自然になったり、少なすぎて効果を実感できなくなったりすることのないよう、患者様1人1人の目元に向き合います。
ぜひカウンセリングにお越しください。

涙袋ヒアルロン酸とは?


涙袋ヒアルロン酸は、様々な美容医療のなかでも手軽に受けられることから「プチ整形」として人気を集めています。

テレビCMや電車広告などで目にしたことがある方も多いでしょう。

しかし実際には、施術方法や副作用、リスクなどを詳しく理解できない方も多いのではないでしょうか。

  • 施術方法や効果
  • 副作用やリスク

まずは涙袋ヒアルロン酸について上記の2項目に分けて詳しく解説していきます。

施術方法や効果

涙袋ヒアルロン酸とは、ヒアルロン酸が含まれた製剤を注射器を用いて注入します。

涙袋に適した柔らかい製剤を使用するため、自然なぷっくりとした涙袋を実現できます。

施術時間は、数分程度と短く、カウンセリングを合わせても1時間以内に終了するのも特徴です。

なお涙袋ヒアルロン酸の効果持続時間は、1年〜2年程度とされています。

半永久的に効果が続くわけではないことを理解しておきましょう。

効果を維持したい方は、効果が薄れてきたと感じたタイミングで追加注入を受けるのがおすすめです。

副作用やリスク

涙袋ヒアルロン酸は、ほとんど副作用やリスクがありません。

内出血が生じる可能性がありますが、1週間程度で治まります。

またメイクで隠せる程度の症状のため、日常生活への支障はほとんどありません

なかにはヒアルロン酸によって患部が青白く透けて見える「チンダル現象」を起こす可能性ががあります。

皮膚の薄さや注入量の多さによって起こされるケースが多いため、注入量を微調整しながら施術を行ってくれる医師のもとで受けることが大切です。

涙袋ヒアルロン酸直後にメイクはできる?

涙袋ヒアルロン酸は、直後からメイクができるケースが大半です。

傷跡は注射針程度の大きさのため、腫れや出血などが起こることはほとんどありません。

さらに施術直後からメイクが可能なため、万が一内出血が生じてもカバーできます。

そのため、ダウンタイムのために休暇を取れない方でも受けやすい施術といえるでしょう。

涙袋ヒアルロン酸のダウンタイムの過ごし方

涙袋ヒアルロン酸は、ほとんどダウンタイムがありません。

しかし術後の過ごし方によっては、ダウンタイムが長引いたり、仕上りが理想とおりにならなかったりする可能性もあります。

  • 目元のマッサージは控える
  • 血行が促進される行動は控える

主に涙袋ヒアルロン酸は、上記を守って過ごすことが大切です。

ここからは術後の過ごし方について詳しく解説していきます。

目元のマッサージは控える

ヒアルロン酸をなじませるために目元をマッサージする人がいますが、注入した製剤が変形してしまう恐れがあります。

希望とは異なるデザインになってしまったり、不自然になったりする可能性があるため、注意が必要です。

また過度に目元に触れてしまうと、傷跡から細菌が入る可能性もあるため、できるだけ目元には触らず過ごしましょう。

血行が促進される行動は控える

術後は、血行が促進される行動も控えましょう。

主にサウナや激しい運動、飲酒などがあげられます。

血行が促進されると内出血が悪化する可能性があるため、安静に過ごしましょう。

涙袋ヒアルロン酸を受けるクリニックの選び方

涙袋ヒアルロン酸は、手軽に受けられるプチ整形として知られています。

しかしプチ整形だからといって、クリニック選びを怠ってしまうと不自然な仕上がりになってしまう可能性もあります。

きれいな仕上がりを実現するには、下記のポイントが大切です。

  • ヒアルロン酸注入を熟知した医師が在籍しているか
  • カウンセリングでデザインをきちんと共有できるか

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

ヒアルロン酸注入を熟知した医師が在籍しているか

ヒアルロン酸注入に限らず、美容医療を受ける際はその施術を熟知した医師に依頼することが大切です。

ヒアルロン酸注入の実績や症例が豊富な医師であれば、より理想の仕上がりを実現できる可能性が高まります

多くのクリニックは、公式サイトやSNSに実績や症例を公開しているため、クリニック選びの際に参考にしてみましょう。

カウンセリングでデザインをきちんと共有できるか

涙袋ヒアルロン酸は、注入量などによって仕上がりが大きく左右されます。

理想のデザインを実現するためにも、カウンセリングでしっかりとデザインを共有できるかを確認しましょう。

患者側の話を聞いてくれなかったり、不信感を抱いたりした場合は、他のクリニックを検討することをおすすめします。

涙袋ヒアルロン酸を受けるならアリエル美容クリニック郡山院へ

涙袋ヒアルロン酸を検討している方は、アリエル美容クリニック郡山院へお越しください。

当クリニックには、ヒアルロン酸注入に精通している医師が在籍しています。

さらに施術後1ヶ月以内であればヒアルロン酸の追加注入が可能です。

思ったよりもボリュームが足りなかった場合でも、微調整できるのが特徴です。

また当クリニックでは、公式サイトやLINE、電話からカウンセリングの予約を受け付けています。

興味がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

【まとめ】涙袋ヒアルロン酸注入は直後からメイクできるケースが多い


涙袋ヒアルロン酸は、施術直後からメイクをできるケースが大半です。

ダウンタイムもほとんどないため、忙しい方でも受けやすい施術の1つです。

涙袋ヒアルロン酸を受け、理想の目元を目指しましょう。