アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

ボトックスを打った後は痛い?副作用やリスクなどを詳しく解説

プチ整形として、ヒアルロン酸注入やボトックス注入、二重整形などが流行っており、興味を持っている方もいるのではないでしょうか。

そのなかでもボトックス注入は、シワやエラ張りの改善、痩身効果など様々な効果を期待できます。

本記事では、ボトックス注入について詳しく解説していきます。

打った後の痛みや副作用、リスクについても紹介しているので、興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、施術後の痛みを最小限に抑えることを意識したボトックス注射を実施しています。
想定される痛みの程度や対策について事前に説明させていただきますので、痛みが不安な方も安心してカウンセリングにお越しください。

ボトックス注入とは?期待できる効果について


ボトックス注入とは、ボツリヌス菌毒素から抽出した「ボツリヌストキシン」を含んだ製剤を使用した施術を指します。

注射器で患部に製剤を注入するため、施術時間やダウンタイムが短いのが特徴です。

そのようなボトックス注入は、下記のような効果が代表的です。

  • 表情シワの改善
  • エラ張りの改善
  • ふくらはぎの痩身効果

まずは、ボトックス注入に期待できる効果について詳しく解説していきます。

表情シワの改善

1つ目の効果は、表情シワの改善です。

表情シワとは、笑ったり眉をしかめたりなど表情を動かした際に生じるシワのことを指します。

主に表情シワは、表情筋の動きによってできてしまいます。

そのため、原因となっている筋肉にボトックスを注入し、動きを緩めることで改善を期待できるのです。

一般的な肌の弾力低下によるシワのとのちがいは、無表情でもシワがあるか否かです。

無表情の時にはシワがなく、表情を動かした際のみシワができる場合は、表情シワの可能性が高いとされています。

エラ張りの改善

エラにある「咬筋(こうきん)」の発達によって、エラ張りが目立っている場合は、ボトックス注入で改善を期待できます。

ボトックスで咬筋の動きを抑えると、筋肉が萎縮してエラ張りが目立たなくなります

エラが無くなることで、小顔効果も期待できるのがポイントです。

ただし、骨格の影響によるエラ張りには効果を期待できません。

見極めるのが難しいケースもあるため、一度カウンセリングを受け、医師に判断してもらうのがおすすめです。

ふくらはぎの痩身効果

ヒールをよく履く方やスポーツ経験のある方は、ふくらはぎの筋肉が発達している傾向があります。

ふくらはぎの筋肉にボトックスを注入することで、筋肉の動きが抑えられ、痩身効果を期待できるのです。

ほかにも盛り上がった肩の筋肉の改善も期待できます。

ボトックスを注入する際の痛みを軽減する方法

ボトックス注入は、注射器を用いて施術を行うため、チクッとした軽微な痛みが伴います。

耐えられないほどの強い痛みではありませんが、できるだけ痛みを軽減したい方は、下記の方法を試してみましょう。

  • 麻酔クリームを使用する
  • 細い針を使用する
  • ゆっくりと製剤を注入する

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

麻酔を使用する

施術前に麻酔を使用することで、痛みを軽減できます。

一般的にボトックス注入の場合は、麻酔クリームや麻酔テープを使用します。

多くのクリニックで麻酔を扱っているため、痛みが不安な方は、カウンセリングの際に相談しておきましょう

ただし、麻酔は料金プランに含まれていないことが多い傾向があります。

そのため、料金プランに含まれているか、オプションの場合はいくらかかるかといった部分も確認しておくとよいでしょう。

細い針を使用する

細い針を使用することで、注入時の痛みを軽減できます。

ボトックス注入に使われる針は、採血や点滴に使われるものよりかは細いですが、クリニックによって使用する針の細さが異なります。

できるだけ痛みを抑えたい方は、超極細の針を使えるか相談してみましょう。

ただし、麻酔と同様にオプション扱いになり、費用がかかる可能性があるため、注意が必要です。

ゆっくりと製剤を注入する

痛みを軽減するには、医師のスキルも大切です。

一度に注入する製剤の量が多ければ多いほど痛みを感じやすくなります。

それらを時間をかけてゆっくりと注入することで、痛みの軽減を期待できます。

痛みを抑えて注入してくれるかは、医師のスキルによって大きく左右されます

スキルの高い医師を選ぶには、実績や症例が豊富かつ口コミ・評判が良いかを確認しましょう。

特に実際に施術を受けた人の口コミは、リアルな感想を知れるため、参考程度にチェックしておくことをおすすめします。

ボトックス注入は打った後痛いって本当?副作用やリスクを紹介

ボトックス注入は、施術時だけでなく「打った後も痛い」と耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。

ここからは、施術後に生じる痛みなどの副作用を詳しく解説していきます。

痛み

製剤を注入する際に、針を刺したことで痛みを感じる可能性があります。

基本的には、強い痛みではないため、過度に心配する必要はありません

しかし、術後にサウナや激しい運動、飲酒などによって血行が促進されると痛みが強くなる可能性があります。

ほかにもボトックスは、熱に弱く、体温が上昇すると効果が半減する可能性もあるため、術後は血行が促進される行動は控えましょう。

また痛みが強い場合は、患部を冷やすのがおすすめです。

保冷剤や氷を清潔なタオルに包んで患部に当てましょう。

腫れや赤み

針による影響で腫れや赤みが生じるケースもあります。

一時的な症状のため、術後3日〜1週間後程度で治まるため、様子をみましょう。

腫れが気になり、触りたくなる気持ちもありますが、傷口からの感染を防ぐためにも、触らないよう注意してください。

内出血

術後は、針穴程度の内出血が生じる可能性があります。

長くても2週間程度で治ります

施術を受けたことを周囲に知られたくない方は、ファンデーションやコンシーラーで隠すのがおすすめです。

痛みを軽減してボトックス注入を受けたい方はアリエル美容クリニック郡山院へ

痛みを軽減してボトックス注入を受けたい方は、アリエル美容クリニック郡山院へお越しください。

当クリニックでは、痛みが気になる方のために麻酔をご用意しています。

さらに極細針を使用しているため、痛みが苦手な方でも受けやすい環境を整えています

またアラガン社製のボトックスに限り施術2週間後〜1ヶ月以内は、無料でリタッチを行っています。

当クリニックに興味がある方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

スタッフ一同お待ちしております。

【まとめ】ボトックスを打った後に痛い場合は患部を冷却しよう


ボトックスを打った後に痛い場合は、保冷剤や氷などで患部を冷やしましょう。

また体が温まると痛みが増す可能性があるため、ダウンタイム中は安静に過ごすよう心がけてください。

なお施術中の痛みを軽減したい方は、麻酔や極細の針を使用するのがおすすめです。

詳しい痛み対策は、カウンセリングの際に相談してみましょう。