アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

エラボトックスのダウンタイムの様子は?症状や期間などを解説

エラボトックスを検討している人でも、ダウンタイムについてはよく知らないというケースが少なくありません。

美容医療においては施術そのものも大切ですが、施術後のダウンタイムの過ごし方も重要になります

本記事では、エラボトックスのダウンタイムについて解説します。

参考にして、施術後の生活をイメージしてみてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、エラの張りに悩んでいる方へボトックス注射を実施し、引き締まったフェイスラインに導きます。
ダウンタイム中に想定される症状や期間中の過ごし方についてもカウンセリングで詳しく説明するので、お気軽にご来院ください。

エラボトックスとは?


エラボトックスとは、咬筋(物を噛む筋肉)の部分に注射でボトックスを打つ美容医療のことです。

ボトックスには筋肉の動きを抑える性質がある製剤です。

エラボトックスの場合は咬筋の働きを弱くして、美容効果や生活向上効果を期待します。

エラ以外にも額やあごなどさまざまな場所に施術でき、それぞれ期待できる効果が異なります。

なお、メスは一切利用せず、注射のみで施術が完結するため気軽に受けられるのも魅力です。

エラボトックスに期待できる効果

エラボトックスに期待できる効果は、以下の通りです。

  • エラ張り改善
  • 小顔効果
  • 歯ぎしり・食いしばり改善
  • 肩こり改善

エラへの施術で肩こり改善効果が期待できるのは、肩こりの原因が咬筋にあるケースが少なくないためです。

歯ぎしりや食いしばりはそれ自体が悩みの種になりますが、同時に筋肉の強張りが首、肩へと広がっていき、結果として肩こりも引き起こします。

エラボトックスのメリット

エラボトックスのメリットは、以下の通りです。

  • メスを使わず傷が小さい
  • 施術時間が短い
  • ダウンタイムが短い

身体的にも時間的にも負担が軽く、受けやすい点がボトックスの魅力です。

また、メスを使わない、施術後すぐに普段通りの生活に戻れるなどの点から、多忙な人や美容医療初診の方にとって、心理的なハードルが低いという面もあります。

ぜひ施術をご検討ください。

エラボトックスのデメリット

エラボトックスのデメリットは、以下の通りです。

  • 永続性がない
  • 即時性がやや低い
  • ダウンタイムの症状が出るケースがある

即時性とは、施術後どのくらい効果が早く出るかという度合いです。

手術などの場合は即時性が高く、手術後はすでに身体に変化が起こっています。

しかしボトックスは薬を打って効いてくるのを待つため、施術直後はほぼ変化がなく、数日かけて徐々に効いてきます

エラボトックスのダウンタイムについて

エラボトックスのダウンタイムについては、以下のポイントを抑えておきましょう。

  • 症状
  • 期間
  • 控えるべき行動

一般的には、クリニックからもダウンタイムの説明があります。

また、必ずダウンタイムの諸症状が出るとは限らず、何も起こらないケースも少なくありません

しかし知識を得ておくことで、説明を掴みやすくなり、ダウンタイムが発生しても慌てずに済みます。

症状

エラボトックスのダウンタイムの症状は、以下のようなものがあります。

  • 腫れ
  • 赤み
  • 内出血

ただし、いずれもボトックスではなく注射による症状です。

一般的な採血や予防接種でも起こりうるものであり、経験がある人も多いでしょう。

過度な心配は不要です

期間

ダウンタイムの期間は、一般的に2~3日程度です。

前述しましたが、そもそもダウンタイムの症状が出ない人もいます。

あくまで、出てしまった場合の目安として捉えてください。

ボトックスのダウンタイムの症状は、発症しても軽度である場合が多いため、2~3日あればきれいに治るケースがほとんどです

そのため発症しても、あまり気にならないという人が少なくありません。

ただし、内出血は程度が酷い場合、治るのに最長2週間ほどかかる場合があります。

待っていれば消えていくうえにメイクで隠せる程度なため、焦らず待ちましょう。

控えるべき行動

エラボトックスのダウンタイム中は、以下の行動を控えましょう。

  • 飲酒
  • 激しい運動
  • 温泉・サウナ
  • フェイスマッサージ
  • 患部への刺激

これらの行動は、傷や内出血を悪化させてしまう可能性があります

ボトックスの場合、長くても数日程度で制限がなくなるため、クリニックに指示された期間は控えましょう。

また、当日中のメイクや洗顔も、クリニックの方針によってはNGとなります。

エラボトックスのダウンタイムについてよくある質問

エラボトックスのダウンタイムについて、よくある質問を以下にまとめます。

  • 会話時や食事の際に違和感を覚えますがどうすれば良いですか?
  • エラの原因が骨格だった場合もボトックスは有効ですか?
  • 仕上がりが気に入らない時などにボトックスの効果を消す方法は?

他に気になる点があれば、遠慮なくクリニックにご相談ください

会話時や食事の際に違和感を覚えますがどうすれば良いですか?

施術後会話時や食事の際に違和感を覚えた場合、まずは少し様子を見てみましょう

特に施術から間もない場合、ボトックスの効きを敏感に感じ取ってしまうケースがあります。

一般的には、一ヶ月ほど経過すればボトックスが効いた状態に慣れ、違和感も薄れています。

生活に支障が出るほど違和感を覚える場合は、何らかの異常の可能性もあるため、クリニックに相談してください。

エラの原因が骨格だった場合もボトックスは有効ですか?

エラ張りの原因が咬筋でなく骨格にある場合、残念ですがボトックスは効果がありません。

ボトックスはあくまで筋肉に作用する製剤であり、骨格に対しては作用しないものです。

そのため、骨格が原因でエラが張っている場合は、別のメニューから改善を図る必要があります

具体的なメニューは、診断を受けたクリニックに相談しましょう。

仕上がりが気に入らない時などにボトックスの効果を消す方法は?

仕上がりが気に入らない時などにボトックスの効果を消す方法は、端的に述べると時間経過を待つのみになります。

ボトックスは時間と共に効果が消えるため、仕上がりが気に入らない場合は施術をやり直せる点がメリットです。

ただし一方で、効果が消えるためには待つしかないという側面もあります。

効果を消すための薬剤などはないため、注意してください。

ダウンタイムの負担が軽いエラボトックスはアリエル美容クリニック郡山院で

ダウンタイムの負担が軽いエラボトックスをご希望の方は、ぜひアリエル美容クリニック郡山院で施術をお受けください。

当クリニックの医師は技術レベルが高く、適切な部位に適量を打つ施術ができるため、身体に余計な負担をかけません

ひいてはダウンタイムを最小限に抑えられるため、身体の負担が気になるという人におすすめです。

【まとめ】エラボトックスはダウンタイムが生じる場合もある


エラボトックスは、ダウンタイムが生じる場合もあります。

エラボトックスを受けた全員に必ず生じるというわけではなく、ほぼ何も発症せずに施術後を過ごす人も少なくありません。

しかし、ダウンタイムが生じたときのことを考え、もし自分がそうなったらとイメージするのは大切なことです。

施術に進む前に施術後のことを考え、エラボトックスの効果をしっかり実感してください。