アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

生まれつきある目の下のクマは消えない?クマの原因と改善する方法

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

疲れて老けた印象を与える、目の下のクマ。

生まれつき目の下にクマがあり、コンプレックスに感じている人も多いでしょう。

生活習慣の乱れにより目の下にクマができるイメージを持つ人は少なくありませんが、実は生じる原因はさまざまです。

本記事では、幼い頃から目の下のクマに悩む人へ向けて、クマができる理由を解説します。

生まれつきあるクマを治す方法も紹介するので、長年の悩みを解消したい人はぜひ最後までチェックしてみてください。

小阪院長

生まれつきある目の下のクマに悩んでいる人には、アリエル美容クリニック郡山院のクマ取り治療がおすすめです。
高いスキルが必要な施術だからこそ、熟練の医師が責任を持って対応いたします。
高い効果を実感したい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

目の下のクマができる原因


幼少期や10代の頃からクマがある場合、いくつかの理由が考えられます。

適切な治療方法を選択できるように、クマが現れる原因を確認しましょう。

黒クマができやすい骨格である

生まれつき目の下のクマがある場合、遺伝により黒クマができやすい骨格である可能性があります。

黒クマとは、眼窩脂肪という目の下の脂肪がとび出て生じた影です。

生まれつき頬骨が低い位置にあったり凹んだりしている人は、眼窩脂肪が前に突出しやすくなります。

特にアジア人は、欧米人と比べて眼球が頬より前に位置する骨格の人が多い傾向が見られます。

眼輪筋の衰え

眼輪筋が衰えている人は、若くても黒クマが見られるでしょう。

眼輪筋とは、目を囲むようにある、瞬きする際に使う筋肉のことです。

眼輪筋が眼窩脂肪を支えるため、筋力が衰えると眼窩脂肪が突出しやすくなります。

一般的に眼輪筋が衰える原因は加齢です。

しかしスマートフォンやゲームを長時間見続けたり、睡眠時間が不十分だったりすると、10代〜20代であっても眼輪筋が衰える場合があります。

皮膚が薄い

生まれつき皮膚が薄い人は、青クマや赤クマが目立つケースが多いです。

青クマは運動不足・喫煙・眼精疲労などにより血流が悪くなると、静脈血が青黒くなり生じるクマです。

赤クマは眼窩脂肪が眼輪筋を圧迫し、赤っぽく見える状態を指します。

皮膚が薄い人は静脈や眼輪筋が透けやすいので、皮膚が厚い人よりクマが目立ちやすいです。

また色白の人も、皮膚が薄い人と同様、クマに悩まされることが多いです。

もともと貧血気味

もともと貧血気味の人は、青クマが生じやすい体質です。

貧血とは、血液中の酸素を運ぶヘモグロビンという物質が少ない状態です。

偏食や生理などにより貧血状態になると酸素を十分に補給できず、血行不良を引き起こします。

さらに顔が青白くなるため、皮下が透けてクマが目立ちます。

鉄分が不足していると子どもでも貧血になるので、幼少期から現在までクマに悩まされている人は慢性的な貧血も考えられるでしょう。

目を擦ってしまう癖がある

アトピーやアレルギーなどがあり、幼い頃から目を擦ってしまう癖がある人は茶クマが疑われます。

茶クマは紫外線や摩擦などのダメージにより、生成されたメラニン色素がうまく排出されないことが原因のクマです。

顔の中でも特に薄い目元の皮膚は、刺激に敏感です。

長年のダメージが積み重なってクマになるため、幼少期より年を重ねてから目立つケースもあります。

習慣や病気が原因で後天的にクマができることもある

貧血気味であったり目を擦ったりすることも原因になるように、習慣や病気により後天的にクマが現れることも珍しくありません。

例えば以下のような病気にかかると、クマができたり悪化したりするリスクがあります。

  • バセドウ病
  • 肝機能障害
  • 腎臓疾患
  • がん
  • 遅発性太田母斑というあざの一種
  • アトピー性皮膚炎

習慣や病気が原因の場合、まずは悪い習慣をやめたり病気を根本的に治療したりすることが治療の第一歩です。

長年クマに悩んでいる人は、病院で健康状態を確認することも考えてみてください。

生まれつきある目の下のクマはセルフケアで治療は難しい

基本的に、目の下のクマは自力で治すよりも美容医療の方が効果を期待できます。

特に黒クマ・赤クマは、ダイエットでは落とせない眼窩脂肪が主な要因なので、治療を受けなければ治りません。

また皮膚の薄さや貧血などで生じた青クマは、マッサージ・食生活の見直しといったセルフケアで一時的に治っても再発しやすいです。

改善されたとしても美容クリニックよりも時間がかかるので、すぐに治したい人にはおすすめできません。

生まれつきある目の下のクマを改善する方法

生まれつきある目の下のクマを治すなら、病院でのクマ取り手術を検討してください。

スピーディーかつ根本的な治療を期待できます。

クリニックで受けられる手術を解説するので、施術計画を立てる際に役立ててください。

脱脂

脱脂はまぶたの裏側に開けた数ミリの切開部分から眼窩脂肪を取り除くもので、黒クマに効果的な手術です。

アリエル美容クリニック郡山院なら、静脈麻酔を選ぶこともできるので、痛み心配な方でも安心して施術を受けることが可能です。

見える部分の皮膚を切らないうえに切る範囲も狭いので、傷跡は残りません。

まぶたの内側には傷ができますが、粘膜部分で新陳代謝が速いことから早く治るでしょう。

痛み・腫れなどのダウンタイムも1週間程度で落ち着くため、身体への負担は少ないです。

脂肪注入

脂肪注入は自分の脂肪を太ももなどから採取し、目元に注入する施術です。

目元の凹凸をフラットにしたり、皮膚の色味の改善にも効果的です。

脱脂後の目元の凹凸が気になる方や、色味も改善したい方に特におすすめです。

基本的に脱脂と併用するため、ダウンタイムの症状は脱脂のみの場合よりも長引く場合が多いです。

余剰皮膚切除

余剰皮膚切除は伸びた皮膚を切除し、皮膚のたるみを改善できる施術です。

以下のような悩みを改善できます。

  • 脱脂により脂肪が減った分、皮膚が余ってしまった
  • クマの原因が皮膚のたるみだった

まつ毛から1〜2ミリ下を切除するので傷跡はあまり目立ちませんし、クマの状態によっては、脱脂・脂肪注入と組み合わせたほうがより自然に仕上がるため、医師に相談してみましょう。

生まれつきのクマに悩む人はアリエル美容クリニック郡山院へ

アリエル美容クリニック郡山院では、原則すべてのクマを治療できます。

事前カウンセリングでじっくりお悩みをお聞きするのはもちろん、アフターケアも充実しているので施術後も安心できます。

生まれつきのクマをなくしたい人や、原因を知りたい人はぜひ当院へお越しください。

生まれつき目の下にクマがある人は美容クリニックで治療しよう


目の下のクマが生まれつきある場合、クマが目立つ骨格・体質・習慣である可能性が考えられるでしょう。

病気が原因で後天的にクマができることもあるので、不安な人はまず病院で診断を受けることが大切です。

目の下のクマが生まれつきある人は、ホームケアでの根本的な改善は難しくなります。

適切な施術方法は人によって異なるため、クマをしっかり改善するならまずは医師へ相談しましょう。