アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

奥二重から二重に整形できる?おすすめの施術法・デザインを解説

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

「奥二重から二重になるなら、整形がよい?」

「今は奥二重だけど、平行二重になれる?」

奥二重は二重よりも目が小さく見える場合があるため、このように悩む人も少なくありません。

すでに二重ラインがある奥二重でも、希望の二重デザインに整形することは可能です。

本記事では、奥二重から二重に整形する方法や、叶えられる二重のデザインを紹介します。

二重整形の注意点も解説するので、奥二重から二重になりたい人は参考にしてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、カウンセリングでじっくりお客様のお悩みをお聞きします。
施術件数1,000件以上の実績から、お客様に最適な奥二重から自然な二重になる方法をご提案いたします。
カウンセリングは無料なので、お気軽にお越しください。

奥二重から二重に整形できる?


奥二重から二重になるには、埋没法または切開法で整形するのがおすすめです。

どのような施術方法なのか詳しく解説するため、自分に合う方法を考えてみましょう。

埋没法

埋没法はまぶたの裏側で糸を結び、二重ラインを作る二重整形です。

糸を結ぶ位置や強さ、留める数によって、二重の食い込み・幅を調節します。

皮膚を切開しないため、ダウンタイムは1〜2週間程度と短い点が魅力です。

二重ラインの持続期間は個人差があり、1年程度で取れる人から生涯効果が続く人までさまざまです。

糸が取れてしまうリスクがありますが、まぶたの状態に問題がなければ何度も修正できるというメリットがあります。

切開法

切開法は、まぶたを希望のラインに切開し、癒着を促して二重を作る施術です。

皮膚を切開するので、埋没法が取れやすい人でも半永久的に二重ラインを保てます

デザインの自由度が高いのも、魅力のひとつです。

ただし失敗したときやデザインに飽きてしまったときに、修正が難しくなる点がリスクです。

また身体の負担が大きい切開法は、ダウンタイムが埋没法より長く、4〜8週間程度続きます。

埋没法がすぐに取れてしまう人や、まぶたが重めな人におすすめです。

補足:アイプチやアイテープより整形の方が負担が少ない

アイプチやアイテープで奥二重から二重を目指す人もいますが、まぶたへの負担が大きいのでおすすめしません

アイプチやアイテープでまぶたを刺激すると、ダメージを受けてかぶれたりかゆくなったりする恐れがあります。

また、今後埋没法で二重を作ったとしても綺麗な二重を作れなくなるリスクが生じます。

整形は1回の施術で数週間のダウンタイムが生じますが、施術後はまぶたへのダメージがなくなります。

トータルの負担で考えると、整形のほうがまぶたへの負荷は少ないと言えます。

奥二重から整形で叶えられる二重のデザイン3選

奥二重から二重に整形する場合、末広二重・平行二重・Mix二重の3種類のデザインを叶えられます。

二重のデザインによって与える印象が異なるので、自分の顔のバランスやなりたいイメージから希望の二重を考えましょう。

末広二重

末広二重は、二重ラインが蒙古襞に隠れており、目頭から目尻に向かって二重幅が広がるデザインです。

日本人に多い二重で、ナチュラルでかわいい印象を与えます。

不自然な印象の二重になりたくない人におすすめです。

なお、奥二重は幅の狭い末広二重であることが多いです。

平行二重

平行二重は、二重ラインが目頭から離れており、目のきわと平行になっているデザインです。

欧米人に多い二重で、目力が強く華やかな印象を与えます。

蒙古襞が発達している人やもともと堀が浅い人はハム目になったり不自然になったりしやすいので、顔のバランスを見ながら適切な幅を考える必要があるでしょう。

Mix二重

Mix二重とは、末広二重と平行二重の中間のデザインです。

蒙古襞と二重ラインは離れており、目尻に向かって幅が広がるという特徴があります。

目頭に近い部分から二重ラインが始まるか、目頭と完全に離れているかで、ナチュラルさと華やかさを調節できます。

末広二重より華やかで、平行二重よりナチュラルなバランス感が人気です。

奥二重から二重に整形するときの注意点

奥二重から二重に整形する際、事前に把握しておきたい注意点を解説します。

トラブルを減らすためにも、カウンセリングへ行く前に確認しておきましょう。

顔全体のバランスを見てデザインを決める

二重のデザインを考えるときには、顔全体のバランスに適しているかチェックしましょう。

芸能人やインフルエンサーの二重を参考にしても、自分の顔に合わないと不自然な印象になります。

医師の判断を仰ぐ前に、自分でも顔全体の印象からどんな二重がよいか考えてから相談するとスムーズです。

丁寧にカウンセリングしてくれるクリニックを選ぶ

奥二重から二重にする際は、丁寧にカウンセリングしてくれるクリニックを選びましょう。

カウンセリング時間はクリニックによって異なり、数分で終わらせる人から長い時間をかけてくれる人までいます。

じっくり時間をかけてカウンセリングしてくれるクリニックのほうが、話を聞いたうえで最適な施術計画を提案してくれるでしょう。

当院では、丁寧なカウンセリングを心がけています。

院長だけでなく、美容マニアのスタッフにも相談できるので、納得してから施術を受けられるでしょう。

施術時にむくまないように気をつける

奥二重から二重にする整形を受ける際は、むくまないように注意しましょう。

まぶたがむくんでいると、普段とは異なる二重の状態で施術することになり、仕上がりが希望通りにならない可能性があります。

施術前は、塩分や水分の摂りすぎ・飲酒・寝不足などを避けてください。

施術時にまつ毛エクステが抜けるリスクがある

二重整形では、施術前にまつ毛エクステが抜けるリスクがある点に注意してください。

クリニックによっては、まつ毛エクステがついていると施術を受けられないこともあります。

当院では抜けるリスクを了承していただければ、施術時にまつ毛エクステを外す必要がありません。

万が一外れても、施術から1ヶ月経過したら、再びつけられるようになるので安心してください。

アリエル美容クリニック郡山院で奥二重から二重に整形しよう

奥二重から二重に整形するなら、アリエル美容クリニック郡山院へご相談ください。

当院では施術時に極細針を使用しているため、痛みや腫れを最小限に抑えて施術できるのが魅力です。

カウンセリングでお客様のお話をじっくり聞いたうえで、最適なデザイン・施術計画を提案いたします。

特に当院の埋没法「アリエルクイックループ」は、ダウンタイムが短く、施術翌日からメイクができておすすめです。

無料でカウンセリングを行っているので、ぜひお気軽にご相談ください。

奥二重から二重に整形する際はクリニック選びが重要


奥二重から二重に整形するなら、埋没法・切開法がおすすめです。

アイプチやアイテープで二重を目指すより、少ない負担で希望のデザインを実現できます。

二重整形では、自分に合ったクリニック選びが重要です。

丁寧にカウンセリングしてくれるかをチェックし、信頼できる医師に施術を依頼しましょう。