アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

目のクマ取りはどんな施術?クマの種類とメリット・デメリット

目のクマ取りをしたいけれど、どのような施術を受ければよいかわからず悩んでいる人も少なくないでしょう。

目の下のクマには複数の種類があり、それぞれ原因やおすすめの施術は異なります。

適切な施術を受けなければ、効果を得られません。

本記事では、目の下のクマの種類と施術方法を紹介します。

目のクマ取りをするメリット・デメリットも解説するので、クマに悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、お客様の悩みに寄り添ったプランを提案いたします。
事前カウンセリングを無料で行っているので、自分のクマの種類を知りたい人や目のクマ取りの施術方法を詳しく知りたい人は、一度ご相談ください。

目の下のクマは大きく4種類に分けられる


目の下のクマは、大きく4種類に分けられます。

原因と見分け方を解説するので、自分のクマがどの種類かチェックしてみてください。

黒クマ:脂肪のふくらみや皮膚のたるみが原因

黒クマとは、脂肪のふくらみや皮膚のたるみにより、目の下に影が生じて黒っぽくなることが原因でできるクマです。

生まれつき頬の中央の骨が低く影ができやすい人や、加齢で肌の弾力・ハリが減少した人にできやすい傾向があります。

上を向いたり光を当てたりしたときに、クマが目立たなくなる人は黒クマと判断できます。

青クマ:血行不良が原因

青クマは血行不良が原因で、青黒くくすんだ毛細血管が薄く見えてできる青っぽいクマです。

目の周りの皮膚は薄いため、睡眠不足・運動不足・眼精疲労などで血の巡りが悪くなると皮下の状態が現れやすくなります。

目の下を引っ張ったときにクマの色が薄くなる人は、青クマの可能性が高いと判断できます。

赤クマ:色素沈着が原因

赤クマの原因は、目の下の脂肪を包む膜が緩み、脂肪が前に突出してしまうことです。

突出した脂肪が目の周りの筋肉を圧迫すると、筋肉が透けて赤く見えます。

また毛細血管が拡張し、目の下が赤く見えてしまうケースも珍しくありません。

頬骨あたりの皮膚を下に引っ張ったとき、赤みが増したら赤クマの可能性が高いでしょう。

茶クマ:色素沈着が原因

茶クマは色素沈着が原因で、茶色に見えるクマです。

目の下の皮膚は薄くデリケートなので、紫外線や摩擦、アイメイクなどの少しの刺激でダメージを受けます。

ダメージを受けるとメラニンが増加し、肌が茶色くなります。

目の下を引っ張っても色が変わらない人は、茶クマの可能性が高いでしょう。

茶クマは継続的な紫外線対策や美白クリームの使用で、治療します。

目のクマ取りってどんな施術をする?

目のクマ取りは、クマの種類によって効果的な施術が異なります

3種類の施術内容を解説するので、自分のクマを治療できる方法を確認してください。

脱脂:黒クマに効果的

脱脂は下まぶたの裏側を数ミリ切開し、目の下の脂肪を取り除く、黒クマに効果的な施術方法です。

黒クマは脂肪のふくらみや皮膚のたるみで生じる影が原因なので、脂肪を取り除くことで改善できます。

脂肪そのものを除去することから、1回の施術で半永久的な効果を期待できます。

なお、皮膚を切開しないため、まぶたに傷が残りません。

痛みや腫れ、内出血といったダウンタイムは生じますが、数日から1週間程度で落ち着きます。

脂肪注入:黒クマ・青クマ・赤クマに有効

黒クマ・青クマ・赤クマに悩む人は、脂肪注入がおすすめです。

脂肪注入は、太ももから自分の脂肪を採取して皮下に注入する施術で、脱脂と併用するのが一般的です。

脱脂だけでは脂肪を取り除きすぎて、目の下がくぼんだり新たな小じわが発生するトラブルも生じます。

脂肪注入を併用することで、リスクを防ぎながら、脱脂では対応できない皮膚のたるみ・色味も改善します。

脱脂のみの施術よりダウンタイムが長引きますが、さまざまなクマをしっかり改善できるので人気の施術です。

皮膚切除:膨らみが強い方、皮膚が伸びてたるんでいる方

皮膚切除は、下まぶたに沿って余った皮膚を切除して、傷を縫い合わせる施術です。

脱脂や脂肪注入だけでは改善できない重度のふくらみ、皮膚のたるみなども治療できます。

皮膚が伸びてたるむと元に戻らないので、余った皮膚を切除することで皮膚のたるみやしわ、目の下のへこみを改善します。

脱脂や脂肪注入と併用するのが、一般的です。

なじむまで3か月程度かかりますが、目のきわを切開するので傷は目立ちにくい傾向があります。

目のクマ取りをするメリット

目のクマ取りは、傷跡が残らずに若々しい印象になれる点が魅力です。

メリットを詳しく解説するので、疲れ目や老けてみられることに悩んでいる人は参考にしてください。

傷跡が残らない

目のクマ取りは、基本的に傷跡が残らないメリットがあります。

脱脂のみの施術であれば、下まぶたの裏側の粘膜部分を切開するので、傷跡が残りません。

脂肪注入を併用した場合、直後のみ針穴の傷が見えますが、ほとんど目立たずに済みます

日常生活に影響するほどのダウンタイムもないので、周りの人にバレたくない人も安心です。

若々しい印象になる

目のクマ取りをすることで、目元の印象が若々しくなります。

クマがあると、老けていたり疲れていたりするようなイメージを与えます。

黒クマはメイクで隠すのが難しいうえに、もしメイクでカバーできても時間が経つとクマが目立つようになるケースも珍しくありません。

目のクマ取りは、1度受けるだけで半永久的に明るい目元を手に入れられます

目のクマ取りをするデメリット

目のクマ取りでは、効果を感じられなかったり医師のスキルによっては満足できなかったりするリスクがあります。

施術を受けるか悩んでいる人は、メリットと比較しながら確認しましょう。

クマ取りの効果を感じない

目のクマ取りを受けても、効果を感じないケースがあります。

クマの種類に合った適切な施術を受けないと、効果を得られません。

また脱脂で脂肪を取り残してしまうと、施術を受けてもクマが残ります。

セルフチェックやクリニックのカウンセリングで自分のクマタイプを判別したり、実績のある医師に相談したりすると効果を感じられるでしょう。

担当医のスキルレベルによって仕上がりに差が生じる

担当医のスキルレベルによっては、仕上がりに差が生じるデメリットがあります。

目のクマ取りの実績がない医師の場合、目の下がくぼんだり脂肪を取り残したりすることも珍しくありません。

事前にクリニックの公式サイトで実績を調べ、カウンセリングで症例写真を見せてもらうとスキルの高さをチェックできます。

クマ取りで若々しい印象になりたい人はアリエル美容クリニック郡山院へ!

アリエル美容クリニック郡山院では、数千例の執刀経験がある院長が施術します。

高いスキルを持っているので、お客様の悩みを解消できる自然な目元に仕上げます。

事前のカウンセリングを無料で行っているため、目のクマ取りを検討している方はぜひお気軽にお越しください。

目のクマ取りで若々しい印象になろう


目のクマ取りをすると、明るく若々しい印象になれます。

半永久的な効果を期待できるうえに、傷跡も残りません。

ただし、クマの種類によって適切な施術方法が異なります。

自分のクマの種類や適切な治療方法を知りたい人は、クリニックのカウンセリングでご相談ください。