アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

小陰唇縮小手術はなんのため?痛みや注意点についても解説!

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

意外とコンプレックスを抱えている方の多いデリケートゾーンの大きさや形。

見た目だけではなく、匂いや擦れることによる痛みなど、様々なトラブルのもととなります。

小陰唇縮小手術とは聞くものの、一体どのような治療なのかわからない方も多くいるのではないでしょうか。

本記事では、小陰唇縮小手術はどのような治療でなんのためにするのかをわかりやすく解説します。

小陰唇縮小手術の目的とは?


小陰唇縮小手術は、女性器の左右にあるヒダ状の器官を自然できれいな形に整える治療です。

メスを入れて小陰唇を縮小させる手術ですが、大きく分けて2つの目的があります。

  • 自然な形に整えるため
  • デリケートゾーンのトラブルを改善するため

ご自身のお悩みと照らし合わせてみましょう。

自然な形に整えるため

小陰唇縮小手術の第一の目的は、小陰唇を自然な形に整えることです。

女性器の両脇にあるひだ状の部分を小陰唇といい、人によって大きさや形、色に個人差があります。

それらをコンプレックスとしている方も多く、パートナーとの性交時や老後の介護されることを想定し、整えておきたい方にはピッタリの治療です。

デリケートゾーンのトラブルを改善するため

デリケートゾーンの見た目が気にならないという方でも、その大きさや形によって様々なトラブルが生じることがあります。

動いたときに下着と擦れて炎症や痛み、黒ずみ等が生じたりする場合があります。

また、形によっては排尿時等による汚れが溜まりやすく、感染症や臭いの原因にもなります。

小陰唇はホルモンバランスによって肥大化することもあるので、事前に治療を受けておくのもトラブル予防として効果的です。

デリケートゾーンでよくあるトラブルやお悩み

デリケートゾーンのお悩みを抱えている方は多く、小陰唇縮小手術によって改善できる場合があります。

  • 擦れて痛い
  • 汚れが溜まりやすい
  • デリケートゾーンが黒ずむ

よくあるお悩みを3つ紹介するので、参考にしてみてください。

擦れて痛い

小陰唇が大きく下着に当たってしまうと、起居時や歩行時に下着と擦れ、痛みが生じることがあります。

小陰唇は女性器を保護するためにある器官であるため女性器の外についています。

そして擦れる原因は単に小陰唇が大きいだけであるということが多いため、このようなトラブルは生じやすいのが現実です。

汚れが溜まりやすい

排尿のときに飛び散った尿が拭き取りにくかったり、入浴時にデリケートゾーンを洗いにくくなることで、感染症や臭いの原因になります。

臭いは自分自身でも、パートナーにも気にされてしまう可能性があるので、気になる前に対処しておきたいものです。

デリケートゾーンが黒ずむ

小陰唇の黒ずみが気になる方は多くいるのではないでしょうか。

黒ずみの原因は大きく分けて2つあり、そのうちの一つが摩擦によるものです。

下着や生理用ナプキン、強くゴシゴシ洗うことや自転車にのることによる摩擦で黒ずみが発生します。

ナイロンタオル等で強くこすって洗わないようにするなどの対策が有効です。

小陰唇縮小手術のメリット3つ

小陰唇縮小手術を受けることで、見た目のコンプレックスを解消する以外にも様々なメリットがあります。

  • 見た目を整えることができる
  • 様々なトラブルを低減・解消できる
  • デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなる

3つに分けて解説しているので、参考にしてみてください。

見た目を整えることができる

小陰唇の大きさや形、色がコンプレックスで、パートナーや介護されたときに見られるのが恥ずかしいという方は多いのでないでしょうか。

小陰唇縮小手術は余分なひだの部分を組織ごと取り除きます

大きさ・形を整えるとともに、黒ずんでいる部分も取り除くことができる場合があるので、見た目を気にしている方にはピッタリの治療方法です。

様々なトラブルを低減・解消できる

小陰唇縮小手術を受けることの最も大きなメリットは、デリケートゾーンの痛みや性交時の不快感など、日常生活における様々なトラブルを解消することができることです。

自然で適切な大きさ・形に整えることでそれらのトラブルを引き起こす要因を排除できるので、再び同じトラブルが起こることはほとんどありません。

デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなる

小陰唇を縮小するということは、見た目を整えるという目的の他に、汚れや蒸れを抑え、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくするという目的があります。

清潔に保ちい大きさ・形にすることで雑菌が繁殖しにくく、きれいに洗浄しやすくなります。

また、汚れが溜まりにくくなるので膣炎や臭いの予防になります。

小陰唇縮小手術の注意点2つ

小陰唇縮小手術には、約1週間のダウンタイムと、傷が落ち着くまでに約2週間ほどの期間があります。

  • 手術後の出血に備えておく
  • ダウンタイム中は安静にする

代表的な注意点2つを詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

手術後の出血に備えておく

デリケートゾーン周辺は、血管が多く通っている器官であるため出血しやすくなっています。

さらに、手術後は刺激に敏感な状態になっています。

トイレットペーパーやボディタオルなどは強く擦ってしまいがちですが、出血を引き起こす原因になるので手術後は気をつけて生活を送る必要があります。

また、多少の傷みがある場合もあるので、鎮痛剤などを常備しておくのもおすすめです。

ダウンタイム中は安静にする

ダウンタイム中に日常生活と同様に動いてしまうと、下着や生理用ナプキンに傷口が当たるため完全に傷口が塞がるのが遅くなってしまいます。

傷口が落ち着くまでは安静に、できれば1〜2週間仕事を休むことをおすすめします。

テレワークやデスクワークなどのお仕事であれば問題ありませんが、移動の多いスポーツインストラクターなどのお仕事をしている方は2〜3週間休むことも必要です。

小陰唇縮小手術はアリエル美容クリニック郡山院がおすすめ

アリエル美容クリニックは、徹底的に患者のお悩みや要望を汲み取り、繊細な技術によって患者の理想へと導いてくれるクリニックです。

郡山院では個室完備でプライベートに配慮し、医師含めすべて女性スタッフが対応しますので、デリケートな相談もゆっくり落ち着いて話すことができます。

アリエル美容クリニック 郡山院は丁寧な施術が人気!

アリエル美容クリニック郡山院は、受付からカウンセリング・アフターケアまで丁寧で、美容整形初心者でも通いやすいという点がポイントのクリニックです。

美容整形のベテランで親しみやすい雰囲気の院長が評判で、アットホームで安心感のある対応が魅力的。

デリケートゾーンのお悩みも相談しやすい環境が整っています。

小陰唇縮小手術でコンプレックス・トラブルを解消しよう!


デリケートゾーンのお悩みは周りに相談しにくいことですが、年齢とともにトラブルも大きくなる可能性があるため、しっかりと対処する必要があります。

一度肥大化した小陰唇は自然に小さくなることはないので、少しでもコンプレックスやお悩みがある方は、手術を検討することをおすすめします。

気になるクリニックがあったらまずはカウンセリングを受けてみるのも良いかもしれません。