アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

クマ取り手術費用はどのくらい?手術方法やダウンタイムについても紹介

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

「クマ取り手術にはどのような種類があるの?」

このような疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。

目の下にクマがあると、一気に老けた印象になるため、クマ取りは検討しておきたい施術の1つです。

本記事では、クマ取り手術について詳しく紹介します。

ダウンタイム症状やデメリットについても解説しているので、クマ取り手術を検討している方は参考にしてください。

小阪院長

クマ取りの手術にはさまざまな種類があり、悩んでいる症状に合わせて手術を選ぶことが大切です。
当院ではクマ取り手術を扱っているので、気になる方は一度ご相談ください。

クマ取りの手術方法と費用を紹介


目の下のクマには、黒いクマ・青いクマなどの種類があります。

それぞれ改善方法が異なるため、自分のクマに合った手術を受けることが大切です。

まずはクマ取りの手術方法と費用について紹介します。

脱脂法

脱脂法は名前のとおり、突出している脂肪を除去する手術です。

下まぶたの裏側を数ミリ切開し、そこから余計な脂肪を取り除くため、表面に傷をつけずにクマを改善できるのがメリットです。

しかし、皮膚のたるみがある人が脱脂法を受けると、余計にシワやたるみが目立つ恐れがあります。

さらに適切な量の脂肪を除去しないと、効果を実感できなかったり、目の下がくぼんでしまったりなどのリスクが存在することを理解しておきましょう。

そういったリスクのある方は脂肪注入と併用するのがおすすめです。

クリニックによって個人差がありますが、費用相場は25万円程度です。

脂肪が突出してたるみになってクマに見えてしまう、黒いクマに悩んでいる方におすすめです。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、目の下のくぼみにヒアルロン酸を注入してクマを改善する施術です。

ヒアルロン酸によって、たるみとくぼみ部分が平らになることでクマが改善されます。

基本的にヒアルロン酸注入は、くぼみを改善する効果がメインなため、脂肪が突出しているクマに関しては改善できません。

ヒアルロン酸注入は、安いものだと3万円程度と低価格で受けられるのが特徴です。

脂肪注入

脂肪注入は、自身の身体から採取した脂肪を、目の下のくぼみに注入し、凹みを改善する施術です。

脂肪は肌の色に近いうえに血流改善が期待できるため、黒いクマだけでなく、血流不良による青いクマにも効果を期待できます。

また自身の細胞を使用するため、合併症のリスクが少ないのもメリットです。

しかし脂肪注入は、脂肪の定着率を予想して少し多めに注入するため、凹凸が出やすい施術とされています。

注入しすぎた脂肪に関してはどうすることもできないため、かえって目の下のクマが目立ってしまうといったリスクがあることを理解しておきましょう。

脂肪注入は20-30万円程度とされています。

クマ取りのダウンタイム症状

クマ取りは切開をしたり、注射針を使用したりするため、ダウンタイムがあります。

手術を受ける前にダウンタイム症状を理解しておくことで、不安にならずに過ごせます。

ダウンタイムについて詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

内出血

クマ取りの代表的なダウンタイム症状が内出血です。

ヒアルロン酸注入や脂肪注入は、針を使用するため、内出血が生じやすい傾向があります。

しかしクマ取りを受けた全ての人に症状が出るわけではありません。

見て分かるような内出血が生じるのは1割程度とされています。

内出血は1〜2週間程度で収まりますが、気になる方はメガネやサングラスをかけると目立たなくなるのでおすすめです。

腫れや痛み

手術によって目の下が赤く腫れる場合があります。

泣きはらしたような見た目になりますが、ほとんどの場合が1週間程度で落ち着きます。

稀に強く腫れがでる人もいますが、長くても1週間程度で収まるため、経過を見るようにしましょう。

2週間経っても腫れや痛みが改善されない場合は、クリニックに相談してください。

血の涙が出る

切開を伴うクマ取り後には、傷口から出血した血液が涙に混じる場合があります。

血液が鼻を通って鼻血として出てくるケースも存在します。

このような症状は1週間程度で落ち着くため、過度に心配せず安静にしましょう。

クマ取り手術にデメリットはある?

クマ取りは施術によっては、切開せずに悩みを解消できる魅力的な施術ですが、デメリットもあります。

メリットだけで判断せずに、きちんとデメリットを理解してから施術を受けるようにしましょう。

目元に小じわが発生する恐れがある

脱脂法は目元のボリュームがなくなることで、皮膚が余ってしまい、小じわやたるみが発生する恐れがあります。

小じわの発生を防ぐためには、脂肪注入を併用するのがおすすめです。

手術方法によっては傷が目立つ

目の表面を切開する手術は、傷跡が目立つ恐れがあります。

傷跡が目立つのが嫌な方は、まぶたの裏側から手術をしたり、切開せずに受けられる施術を検討しましょう。

医師のスキルによって仕上がりが不自然に

医師のスキルによっては、かえってクマが目立ってしまったり、くぼみができてしまう恐れがあります。

そのため、クマ取りを受ける際は信用できる医師やクリニックのもとで受けましょう。

クマ取り手術は失敗する可能性がある?

クマ取りは仕上がりに凹凸ができたり、傷跡が残ってしまったりなど、失敗のリスクも存在します。

クマに合わせて適切な治療を選ばないと失敗する恐れがあるため、注意が必要です。

失敗を防ぐためにも、クリニックや医師選びは慎重に行いましょう。

クマ取りの実績が豊富で、丁寧なカウンセリングを行ってくれる医師を選ぶと失敗のリスクを軽減できます。

アリエル美容クリニック郡山院では優しい女医が在籍

アリエル美容クリニック郡山院は、ベテランの女性院長が在籍しています。

さまざまな症例の執刀経験があるうえに、優しく親しみやすいと評判なため、安心してご来院ください。

またアリエル美容クリニック郡山院は、JR郡山駅から徒歩1分とアクセスしやすい立地にあります。

提携駐車場もご用意しているので、車でアクセスすることも可能です。

気になる方は公式サイトや電話、LINEからカウンセリングの予約をお待ちしております。

自分の症状にあったクマ取りを受けよう


クマを改善するためには、自分に合った手術を受けることが大切です。

症状にあった手術を受けないと、思うような効果を得られない場合もあるため、注意しましょう。

また自分に合った手術を受けるために、医師やクリニック選びは慎重に行いましょう。

医師やクリニックを選ぶ際は、実際にカウンセリングを受ける他に、症例や口コミなどを参考にするのがおすすめです。