アリエル美容クリニック郡山院/美容外科・美容皮膚科・医療脱毛
LINE
電話予約
WEB予約
InstagramをCHECK

コラム

COLUMN

鼻へのヒアルロン酸注射はバレる?原因やバレるのを防ぐポイントも解説

記事監修医師プロフィール

アリエル美容クリニック郡山院 院長

小阪捺稀

  • 日本医科大学医学部医学科 卒業
  • 日本医科大学附属病院
  • 日本医科大学武蔵小杉病院
  • 大手美容クリニック
  • アリエルクリニック郡山院院長

鼻へのヒアルロン酸注射を検討しつつ、いざ行ったら周りにバレるのではと不安ではありませんか?

実際の所、ヒアルロン酸施術がバレるケースはありますが、ポイントを押さえていれば高確率で回避できます。

本記事では鼻へのヒアルロン酸注射がバレてしまうことについて、原因や防ぐポイントを解説します。

参考にして、快適な施術の生活を目指してください。

小阪院長

アリエル美容クリニック郡山院では、バレるリスクを最小限に抑えて鼻へのヒアルロン酸注射を行っています。
ナチュラルでありながらはっきりとした効果を実感したい方は、ぜひ当院の利用をご検討ください。
スタッフ一同お待ちしております。

鼻へのヒアルロン酸注射とは?


鼻へのヒアルロン酸注射とは、注射でヒアルロン酸を注入し、美しい鼻へと近づけるメニューのことです。

ヒアルロン酸は打った場所をボリュームアップする性質を持っています。

これを利用し、鼻先を高くしたり、鼻筋をまっすぐ通したりといった効果が見込めます。

鼻へのヒアルロン酸注射がバレる原因

鼻へのヒアルロン酸注射がバレる原因は、以下のとおりです。

  • 打ち過ぎでヒアルロン酸が流れている
  • ダウンタイムの症状が出ている
  • 施術前後で変化が大きすぎる
  • 鼻を意識しすぎて普段通りに行動できない

これらをすべて防ぐには、施術時だけでなく施術前後の段階から準備が必要です。

ヒアルロン酸注射は比較的施術がバレにくいメニューですが、完全ではないことを覚えておきましょう。

打ち過ぎでヒアルロン酸が流れている

施術の際、短期間にヒアルロン酸を打ち過ぎると、患部周辺に流れてしまい見た目が不自然になってしまうケースがあります。

そして見た目の違和感から、施術を受けたとバレることがあるのです。

ヒアルロン酸注射成功において重要なポイントは、適量を的確な部位に打つことです。

やりすぎるとトラブルの元になってしまうため、注意が必要です。

ダウンタイムの症状が出ている

ダウンタイムの症状が出ているのに気づかれると、施術がバレるケースもあります。

鼻へのヒアルロン酸注射はダウンタイムが軽く、ほぼないようなものと感じる人もいますが、絶対に出ないと保証があるわけではありません。

特に内出血は、見た目に目立つうえに、消えるまで最長で2週間程度かかります。

マスクで隠れる範囲にはなりますが、自分もそうなるかもしれない、とあらかじめ考えて備えておきましょう。

施術前後で変化が大きすぎる

施術前後で変化が大きすぎるという場合も、施術がバレてしまう可能性が高まります。

ヒアルロン酸は自然な仕上がりを目指せる施術ですが、複数か所を一度に改善したり、一か所に大きな変化を起こしてしまうと、施術を利用したのだと勘付かれてしまうケースがあります。

大きな変化をご希望の方は、施術がバレるリスクもあることを覚えておいてください。

鼻を意識しすぎて普段通りに行動できない

施術後、鼻を意識するあまり普段通りに行動できず、施術がバレてしまうケースもあります。

美容医療を行うと、誰でも多かれ少なかれ患部が気になってしまうものです。

それは自然なことですが、行動に現れてしまうと、周囲からは不自然に思われてしまいます。

結果として、かえって鼻に注目が集まってしまうのです。

鼻へのヒアルロン酸がバレるのを防ぐには

鼻へのヒアルロン酸注射がバレるのを防ぐには、以下のポイントを意識しましょう。

  • 腕の良い医師に施術してもらう
  • ダウンタイムの症状を隠す際はマスクなどを利用
  • 一度に大きな変化を出すのは避ける
  • 普段通りに行動する

ヒアルロン酸は、施術の負担が少ないメニューです。

そのため、大きな傷ができたり、長期間休む必要があったりということはありません。

ポイントを守れば、バレるリスクをほぼ0にして生活することも可能です。

腕の良い医師に施術してもらう

ヒアルロン酸は、腕の良い医師に施術してもらうことでバレる可能性が低下します。

より仕上がりが自然になり、打ち過ぎによる違和感発生などのトラブルが出るリスクが削減されるためです。

ひいては、施術前のクリニック選びの段階から慎重になるべきです。

シンプルな施術だからといって、どこで受けても同じとは言えません。

ダウンタイムの症状を隠す際はマスクなどを利用

ダウンタイムの症状を隠す際は、マスクなどを利用しましょう。

鼻や口元は、マスクをすれば全体を覆えるため、施術の影響を隠す際に重宝します。

手で覆うなどの方法で隠してしまうと、周囲から鼻を気にしていることがバレてしまいます。

マスクで覆ったら手では触れず、堂々と過ごしてください。

一度に大きな変化を出すのは避ける

施術がバレるのを防ぎたい場合、一度に大きな変化を出すのも避けましょう。

大きな変化を出したい場合は、複数回に分けて段階的に少しずつ変化を起こしていくなど、方法を考える必要があります。

場合によっては、他のメニューを併用した方が良いというケースもあります。

詳しくはクリニックに相談してみてください。

普段通りに行動する

施術がバレるのを防ぐ際には、普段通りに行動するのも重要です。

鼻を手で隠す、しきりに気にする、鏡ばかり見るなどの行動は控え、いつもと変わらない過ごし方を心がけましょう

どうしても気になるという場合は、見た目が自然でも気持ちが落ち着くまでマスクで過ごすのも一つの方法です。

鼻へのヒアルロン酸がバレるのを不安に思うならアリエル美容クリニック郡山院へ

鼻へのヒアルロン酸がバレるのを不安に思う方は、アリエル美容クリニック郡山院へお越しください。

当クリニックは優れた技術で、バレにくい自然な仕上がりを実現します。

同時に施術がバレることを不安に思う気持ちに寄り添い、丁寧なカウンセリングで納得していただいてから施術に進んでいただきます。

また、施術後1ヶ月間以内であれば、余ったヒアルロン酸を無料で追加注入しているのも人気の秘訣です。

【まとめ】鼻へのヒアルロン酸注射はポイントを押さえればほぼバレない


鼻へのヒアルロン酸注射は、ポイントを押さえればほぼバレないと言えます。

一方で、バレるのを防ぐポイントを知らない場合、無意識にバレやすい行動に出てしまうリスクがあります。

バレる原因と防ぐポイントを両方知り、施術後の生活を快適にしてください。